Admin New entry Up load All archives

濁流のような日々の中で

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

Fate/Grand Orderについて(その他雑記含む) 


gdgd order

■Fate/Grand Orderについて
型月側の大々的な取り上げっぷりから、型月謹製の"只者ではないスマホゲー"として前々から期待していた本作『Fate/Grand Order』がついにサービス開始した訳ですが・・・これが酷い、兎に角酷い。スマートフォンのキャッシュを消すと課金データも消えるという訳の分からない仕様でリリースしたこともそうですが、戦闘が「RPGツクールで作られたフリーゲームの方が数百倍マシ」と思えてしまう程につまらなく、また、レア度☆5の強いサーヴァント無しでは、ゲームを進めることすら困難になるという有り様で、何度も何度も「これゲームバランスを調整してるのか!?」と思ってしまうような場面に直面してしまう程には、ゲームバランスが無茶苦茶。スマホゲーの常であるとは言え、ガチャの出も非常に悪い!サーヴァントと礼装を一緒のガチャにまとめるという搾取する気満々な仕様になっている為に、まあサーヴァントが出ない出ない。本作をプレイする大半の人間にとって、新サーヴァントとの邂逅が本作の魅力の1つであると思うのですが、邂逅するまでのハードルが余りにも高すぎる上に、前述したゲームバランスの劣悪さが相まって、ゲームを進めるモチベーションを維持するのが非常に困難な作りになっています。一体どのような経緯を経て、このようなクソ・・・残念ゲーに仕上がってしまったのかは分かりませんが、現状において本作は『きのこ+型月お抱えの作家陣が書いたストーリー』と『御大(武内崇)の描いた新規絵をたくさん見れる』こと以外の要素が全てダメなゲームと評価せざるを得ません。ネット上で「スマホゲーのサービス開始時はある程度グダるものだよ」といった擁護意見を時折見かけますが、今までずっとPCゲームと家庭用ゲームをプレイし続けてきた管理人にとって、その意見には全く共感できません。何分スマホゲー自体プレイするのが初めてですので、スマホゲーについては業界動向含めて詳しくは知らないのですが、スマホゲー業界というのは、ユーザーに迷惑ばかりかけるようなレベルの低いデベロッパーが大量に集まっているアレな業界なのですか?「最初だからトラブル続きでも仕方がない」と思えるその感覚が、自分にはちょっとよく分からないです。兎も角、管理人が本作をプレイすることはもう二度と無いでしょう。型月の御祝儀と思って1万円程課金したデータも、キャッシュ消去と同時に夏の夜の花火の如く綺麗に吹っ飛んだことですしね。返金の問い合わせはしていますが、もう本作に関わること自体が嫌に感じられるレベルなんで、お金が返ってこなくてもいいかと思い始めています。金輪際2度とスマホゲーには手を出しません。




t5.jpg

■『ターミネーター:ジェニシス/新起動』レビュー
公開初週には観に行っていたのですが、休日は大体外に出ていたので感想を書けずにいました。正直今更感はありますが、マイペースに感想をつらつらと書いていきます。いつもの如く、駄文かつ長文なのはご容赦下さい。

○レビュー
米国での評判が余り宜しくなく、その上に興行収入も微妙とあっては「あ、これはヤバい出来かも」と思ってしまうのが人の性というものですが、そうした前評判が管理人の中のハードルを下げて下げて下げまくった後に鑑賞に臨んだ為か、作品としての面白さで言えば、キャメロン監督が生み出したT1・T2の次に位置する程度には面白いと感じられてしまいました。この結果は余りにも予想外過ぎたので、観終わった時に「あれ・・・これ面白いんじゃないか・・・?どうなってるんだ・・・どうなってるんだ!」と劇場で一人困惑してしまいました。ジェニシス(以後、T5と記載)鑑賞後に『コードギアス 亡国のアキト 第4章「憎しみの記憶から」 』を鑑賞したのですが、T5の出来が意外にも良かったが為に、そちらの方はややダレ気味な内容であったこともあって、かなり微妙に感じられてしまいました。T1・T2のような『ドラマ部分の良さ』が決定的に欠けていたり、SF要素(時間遡行絡みの設定)が複雑化・・・と言うより、設定的に破綻してしまっているような気がしてならなかったり、配給会社の宣伝がネタバレの嵐だったが為に、本編における"意外な設定"が意外でも何でもなくなってしまっていたりと、問題点もまあそこそこにある作品であるとは思います。とは言え、個人的にはT3・T4よりかは楽しめましたね。元よりT1・T2に並ぶ作品として仕上がっているとは思っていませんし、期待もしていなかったということも勿論あるのでしょうが、気軽に見る分には悪くはない―むしろ良いポップコーンムービーでした。




P_20150802_172723.jpg

■久々にハマる
友人からの「先っちょ(1巻)だけ、先っちょ(1巻)だけだから!」という、熱い営業攻勢を受けて『恋は雨上がりのように』1・2巻と『氷室の天地』8巻と合わせて購入。表紙絵はいい感じだなーと思いつつも、中身には余り期待していなかったのですが・・・ごめんなさい、凄く面白かったです。架空戦記ならではの骨太な戦記モノ的ストーリー展開と、次々に訪れる難局を乗り越えていく様を、現実世界における戦術の変遷と重ね合わせているという"本作ならではの面白さ"がとても気に入りました。画力も非常にレベルが高く、戦いの描写がかなり見応えのあるものに仕上がっている点も良かったです。最近は『ドリフターズ』と『ブラック・ラグーン』以外の漫画を全く追いかけていませんでしたが、本作も追いかけること決定です。8巻が出るのが待ち遠しいですね。




P_20150802_173109.jpg

■あの名作がやってきた
随分前からDVD化して欲しいと思っていた『ブロブ/宇宙からの不明物体』が、先月になって漸くDVD化されました!ひゃっほい!欲を言えばリマスター処理した上でBDで出して欲しかったのですが、まあメジャーな作品では無いので、今になってDVDが出るだけ有難いと思わないといけませんね^^; さてこの映画、内容としては『アメリカの田舎町に突如現れた殺人アメーバ(と言うかスライム?)が、町の住人を喰って喰いまくる』ことが肝になっている作品なのですが、ここの部分だけ聞くと、この年代に大量に作られたB級パニックムービーの内の1つとしか思えないでしょう・・・まあ実際その通りなのですが。ただ、そうした作品の中で、本作は"極上"の分類に入る完成度を誇る作品であると言っていいでしょう。冒頭でテンポ良く登場人物の紹介が終るや否や、パクパク・・・いや、ドロドロと町の住人がブロブ君(殺人スライムの仮称)に捕食されていく流れは、ベタな流れながらも中弛みが一切感じられないようにペース配分がなされており、見ていて安心できます。本作の良い所は"それだけでは終わらない"ところですね。主人公かと思われていたアメフト部員の青年が、割りと冒頭でブロブ君に喰われて死んだり(生きながら全身をブロブ君に喰い溶かされるわ、ヒロインが青年をスライムの中から引きずり出して助けようとした際に、腕が溶けて千切れてしまうわで散々なことになってます。)、ヒロインの弟の友達ー恐らくは小学生の男の子までもが喰われて死んだり(ご丁寧に、死ぬ直前にドロドロに溶かされた姿を見せてくれる。)と、微妙にお約束を外した容赦の無い展開を入れてくるのが最高です。この辺りは流石フランク・ダラボンといった感じですね。余り語り過ぎてもネタバレになるので、この辺りににしておきます。木曜洋画劇場常連だった『ザ・グリード』が好きな人なら楽しめること確実ですので、是非見てみて下さい。

スポンサーサイト

category: 雑記

CM: 2 TB: 0   

E3とかMAD MAXとか 

■史上最高のE3
img3912_01.jpg


何年にも渡って待望し続けてきた『Fallout 4』に、クラシックシューターとモダンシューターの見事な融合っぷりを感じさせてくれた新生『DOOM』、さらには2012年度最大のダークホースこと『Dishonored』のHDリマスター版である『Dishonored HD』に続編『Dishonored 2』という、超特濃ソフト群を発表したベセスダの"激アツ"カンファレンスから始まった今年のE3ですが、その後の他社カンファレンスでも、とんでもなく面白そうかつインパクトのあるタイトルの発表&映像が「これでもか!」と言わんばかりに出てくる出てくる!

『Ancestors: The Humankind Odyssey』
『DARK SOULS III』
『Deus Ex: Mankind Divided』
『FINAL FANTASY VII』
『Gears of War 4』
『Gears of War Ultimate Edition』
『Halo 5: Guardians』
『Hitman』
『Horizon Zero Dawn』
『Just Cause 3』
『Mad Max』
『Mass Effect: Andromeda』
『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』
『Mirror's Edge: Catalyst』
『No Man’s Sky』
『Overkill’s The Walking Dead』
『Rise of the Tomb Raider』
『Star Wars Battlefront』
『Tom Clancy’s Ghost Recon Wildlands』
『Uncharted 4: A Thief’s End』
『シェンムー3』
『人喰いの大鷲トリコ』

確実にプレイすると断言できるタイトルが現時点でこれだけあります。もうホント大豊作としか言い様がないソフトラインナップに心ぴょんぴょんしまくってます。これだけのものを見せられて、心高ぶらないゲーム好きがいない訳ないでしょうが!!!惜しむらくは、恐らく今回のE3で最もインパクトがあったであろうFF7リメイクとシェンムーIIIの発表に、世代的な理由で大興奮することができなかったということでしょうか・・・とは言え、下の動画のように童心に返っている姿を見ると、こちらもつられて謎の感動を覚えてしまいますね。愛していると言っても過言ではない作品が蘇ることや、その作品の続編が出ることが決まった時の"言葉で言い表せられない程の圧倒的な嬉しさ"は、ゲーム好きなら誰だって分かる共通言語的な感情ですもの。同じゲーム好きとして、先達の方々の長年の夢が現実のものとなったことを祝わせて頂きます。本当におめでとうございます!


●FF7リメイクを喜ぶ海外ゲーマーの方々





●シェンムーIIIを喜ぶ海外ゲーマーの方々







■管理人の中のMADが目を覚ます
P_20150620_184926.jpg

●『MAD MAX 怒りのデスロード』鑑賞
120分という上映時間が徹頭徹尾全て"MAD"で満たされた、昨今稀に見る最高にクレイジーな映画でした。
この世には『1秒たりとも目を離せない』というキャッチコピーを掲げておきながら、実際に観てみると『1秒でも早く終わって欲しい』と感じさせてくれる、凡庸で何の面白みもない映画が数多くありますが、本作は別です。コイツは"本物"です。巨匠ジョージ・ミラーの映画人としてのスピリットが、フィルムの隅から隅まで込められているのがスクリーンからひしひしと感じ取れる、純度100%・飾り気一切無しの極上のアクション大作です。今年の夏は『ターミネーター: 新起動/ジェニシス』 『ジュラシック・ワールド』など、期待度高めな大作の公開ラッシュが続きますが、本作は見事にその先陣を切ったと言えるでしょう。これを観た日には貴方も"What a Lovely Day!!!"と叫ぶこと間違い無し!間違えても"EXILE汚染"された吹替版は観ないように!

●『攻殻機動隊 新劇場版』鑑賞
MAD MAXを観に行くついでにこちらも観に行ってきました。個人的にARISEは余り面白いとは思えなかったので、かなり期待値低めで観に行ったのですが・・・これがなかなかどうして面白い。ARISE各話の中で張り巡らされてきた伏線を回収すると同時に、ある意味ARISEのテーマとも言える『少佐が如何にして今までの攻殻に出てきたような少佐に成長(変化?)していったのかを描く』ことの総括を、短い上映時間の中で上手いこと描いていると感じました。原作と神山攻殻の中道を行くかの如き作風に変化は無いので、そこがARISEで最も気に食わない所だと感じている方にとっては、今回の新劇場版もARISE同様に微妙に感じられるかもしれません。ただ、これまでARISEを余り楽しめなかった管理人も、本作に限っては素直に「面白い」と感じることができたので、一見する価値はあるように思います。エンドロールの途中に映像があるので、観られる方は最後まで残るように!

○3Dの必要性
MAD MAX鑑賞時に【映画館側の不適際で映像が立体的に見えず、一時的に上映を中断する】という「ホントに勘弁してくれ・・・」と心の底から思わさせられるアクシデントを今日たまたま経験して、管理人の中でより一層映画の3D版に対する印象が悪くなりました。普通の2Dならこんなアクシデント絶対に起こり得ないんですけどね・・・上映早々に冷や水をぶっかけられた感がして、かなり萎えさせられましたよ。3Dは極力避けるようにしているのですが、今回のMAD MAXのように、作品や劇場によっては『字幕版が3Dしか無い』なんてことがあるので、どうしても避けられない場合があるんですよね・・・。とっくに語り尽くされた議論かもしれませんが、3D版は本当に必要なんですかね?IMAXや4DXみたいな『3Dが映える為の工夫がなされている映画館』ならともかく、普通のシネコンで3Dなんて目が無駄に疲れるわ料金高くなるわで、3Dにするメリットが観客側には全く無い気がするのですが・・・。『映画を観に来る人の数が減ってきているから、今も観に来ている人からちょっとでもお金を多く取ろう!』って考えているんじゃないだろうな?とついつい邪推してしまいます。3Dを無くせとまでは言いませんけど、それなら2Dの方も上映してくれと言いたくなります。2Dの字幕版を観ようと思ったのなら、わざわざ電車で市外の映画館に行かないといけないなんて、正気の沙汰ではないですよ!!!

category: 雑記

CM: 0 TB: 0   

いろいろ 

○『Assassin's Creed: Syndicate』トレーラー公開




という訳で今年もアサクリ新作のトレーラーが公開されましたが・・・このトレーラーでは余り惹かれなかったというのが正直な所です。Unityのガワを変えただけにしか見えないということもそうなのですが、公衆の面前でギャング抗争をおっ始め出したりGTAよろしく一般人から馬車を強奪したりと、どうも管理人が求めているアサシン体験と著しく乖離している内容に仕上がっている気がしてなりません。マルチプレイを排除してシングルプレイのみに重点を置いて製作されている点は個人的にはかなり朗報でしたが、それ以外にさして期待できる要素が無かったのがただただ残念です。期待していない分、実際にプレイしてみた時に意外と楽しめた、なんて展開になってくれると良いのですが・・・。取り敢えずバグだけは勘弁して下さい!ホントに!




○Zenfone 2、着弾
DSC_0437.jpg

DSC_0441.jpg

DSC_0450.jpg

キャリアからMVNOに移行するに当たって、今まで愛用してきたHTC J Butterfly(HTL21)からZenfone 2へと機種変しました。HUAWEIのAscend Mate7を買うかこちらを買うかで悩んでいた時期もありましたが、5.5インチのZenfone 2の操作を片手でこなせていない今の状態から考えると、こちらを選んで正解だったように思います。勿論、性能面で大いに満足しているということもあります。唯一の不満点は『ASUSのプリインアプリが無駄に多く入っている上に、それらはroot化しなければ消すことができない』ことです。ネットの一部で報告されていた【輝度の低さ】は大して気にならないレベルでしたし、「本機種に搭載されているIntel製CPU、Atomがバッテリー消費量を大幅に増加させているのでは・・・?」という不安も杞憂に終わりました。Android 5.0 Lolipopの不具合であるメモリーリークはまだ体験していないので何とも言えませんが、こちらは完全にGoogleに非があることなので、機種としての不満点にはなり得ません。総じて良い買い物だったと思います。

category: 雑記

CM: 0 TB: 0   

モラトリアムの終焉 

zeka2.png

○三脚
写真撮影の装備と環境を少し変えてみたので、試しに一枚撮影。下手の横好きを地で行く管理人にしては、割りと上手に撮影できたと思います。しかしそれにしても、ちゃんとした三脚がここまで使えるアイテムだったとは・・・漫画本を積み上げて無理矢理カメラ本体を縦に固定するという、ハイテクの塊であるデジイチに全くそぐわないローテク極まりない手法で縦の写真を撮影していたのがバカに思えるぐらい便利でした(;´∀`)


IMAG0173.jpg

○獣狩り、始めました。
Visceral Games新作の『Battlefield: Hardline』がイマイチ管理人には合わなかったので、その口直しとばかりに半ば衝動買いしたフロム新作の『Bloodborne』ですが、これがビックリするぐらい面白い!同ジャンルの作品を色々とプレイした結果として管理人の場合、ある種の"慣れ"のようなものが出てきてしまって、違う会社の作った違う作品であってもそこまで新鮮味を感じることなく、また、クリアするまで大して緊張感を感じることもなくなってしまっていた訳なのですが・・・ソウルシリーズを今まで1作もプレイしてこなかったこともあってか、本作は久々に新鮮さと刺激を感じさせてくれました。このストイックなゲームバランス、刺激が多くて大変素晴らしいと思います。序盤にいきなり素手のままほっぽり出されて、碌な説明も無いまま(←使者の存在に気づいていなかった)獣との戦闘になって何度もぶち殺された時は「――――ああ、(購入したのは)失敗だった。」と思ってしまったものですが、慣れれば慣れるほど面白さが比例するかの如く増していくお陰で、すっかりドハマりしてしまいました。仕事の関係でこれから2~3週間はプレイ出来ない状態が続くのが苦痛で仕方がありませんね・・・まあゆったりとプレイしていきたいと思います。発売があと1週間早ければ・・・ぐぎぎ。


○モラトリアムの終焉
遂に明日、管理人も社会人へとジョブチェンジすることとなりました。来てしまったか・・・というのが正直な思いです。自分自身の将来のことを全くと言って良い程に考えていなかったということもあって、全てが未知の暗黒世界に足を踏み入れるということは、大変恐ろしいことのように感じます。かれこれ10年程、学生としてボンクラながらも楽しい日々を過ごしてきた訳ですが、これから先に待ち受けるのは果たして幸か不幸か。ゲームをプレイする時間も、映画を見る回数も、ブログを更新する頻度も確実に減ることになるとは思いますが、それでも何かしら、この10年程の間に得られなかった楽しみと出会えることを信じて、社会の荒波に揉まれて来ようかと思います。ブログの方で愚痴ることもあるかもしれませんが、温かい目で見守って頂ければと思います。

それでは、また。

category: 雑記

CM: 3 TB: 0   

大ゴジラ特撮展(大阪会場)レポート 

g20142356.png

今回の記事は、大ゴジラ特撮展(大阪会場)の簡単なレポートとなります。

-- 続きを読む --

category: 雑記

CM: 0 TB: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。