Admin New entry Up load All archives

濁流のような日々の中で

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

PS Vitaプレイレポ 

◯Vita到着

IMAG0011.jpg
液晶保護シートとメモカはkonozama

 先日発売されたPS Vitaがついに我が家にも到着しました。予約開始当初は3G/Wi-Fi版かWi-Fi版のどちらを買うかで悩みましたが、大は小を兼ねるの理論で結局3G版の方を購入。本体とソフト(アンチャーテッド)は発売日に届いたのですが、液晶保護シートとメモカが届かなかったので一日お預けを食らうことに。スカイリムがなかったら余裕で悶え死んでいた自信があります。


IMGP0517.jpg
ご開帳!

 開封してまずSIMカードを抜く作業を行った後(3G/Wi-Fi版の場合、SIMカードを挿しっぱなしのまま起動すると勝手に3G通信を行ってしまう為)、初回起動を敢行。PSのロゴマークが出てくる所からしてVitaに搭載されている有機EL液晶の綺麗さが分かりましたが、いざホーム画面に切り替わると管理人の想像していた以上に綺麗だったので驚きました。きめ細かい上に発色がもの凄く良いんですよ…!PSP-1000からPSP-3000に切り替えた時も液晶の進化に感激しましたが、Vitaの液晶の進化にはそれの数倍は感動しました。

 設定完了時に購入者にVitaのコンセプトビデオを強制的に見させるという、謎な仕様の初期設定を終えてようやくホーム画面を弄り回せるように。タッチの感度・ホーム画面の反応速度共に非常に良好で、この点に関する不満ては一切ありません。ただ、ホーム画面や設定画面においてハードキー(十字キー等)の入力を受け付けておらず、タッチだけでしか操作出来ないのは一刻も早く改善すべき点であるとは思います。

 あと、Vitaはコンテンツの転送がPSPの時のように『PCに繋ぎさえすれば、PCのフォルダ同様にファイルの管理が出来る』という仕様ではなく、専用の転送ツールを介してしかファイル管理が出来ない仕様となっております。これが存外に面倒臭いんですよねぇ…。ソニー製のアプリってウォークマンのXアプリもそうですけど、ハッキリ言ってそんなに性能がよろしくない。このVita用のファイル管理ソフトもその例に漏れず、何だか微妙な仕上がりとなってます。クラック対策の一環のつもりなんでしょうけれど、所詮はイタチごっこですからどうせその内に破られる訳ですし、『いづれ全く役に立たなくなる対策』に力を入れるよりも、『ユーザーの利便性』の方に力を入れて欲しかった所です。正規購入者がバカを見るとはまさにこのこと。


IMGP0520.jpg
カム撮りなので汚いです

 
 不満点ばかり列挙してきましたが、肝心のゲームに関しては素晴らしいの一言。画像はロンチソフトである『アンチャーテッド 地図なき冒険の始まり』のゲームプレイ時のものですが、携帯機用のゲームでここまで綺麗なグラフィックが実現出来る日が来るとは夢にも思っていませんでした。PS3レベルのグラフィックと同等…とまではいかなくても、確実にPS2レベルのグラフィックは超越しています。液晶が良いってこともあるのでしょうが、このグラフィックは凄いですね…。初めてプレイした時はハリソン・フォード氏同様に「すげぇ」と、感嘆の声を上げるばかりでした。このグラフィックにもいずれは慣れてしまうのが恐ろしい…。

 Vitaを弄っていて一番感動したのが、『ゲームプレイ中にいつでもホーム画面に戻って、ゲームを中断したまま別の操作が同時に行える』こと。据え置き機で出来なかったことが、携帯機で先に実装されるとは思ってもいませんでした。この機能は今後もかなり重宝しそうですね。そして、Vitaからついに実装されたツインアナログスティックもレスポンスが良くて非常にいいです。PSP用に無理に割り当てられたボタン配置(記号ボタンでカメラを動かす等)が体に染み付いてしまっているせいで、ツインアナログスティックを搭載したことによる恩恵を受けることが難しいという個人的な問題ならありますが…。

 あと、ネット界隈でよく見かける「アナログスティックがボタン操作時に干渉してしまう!」という話は『とんだデタラメ話』であると考えて良いかと思います。管理人は手が大きな部類に入ると思うのですが、ボタンの小ささが少々気になっただけで、特にそういった干渉に困らされることはありませんでした。


IMGP0511.jpg
デザリング中の図


 VitaではPSP以上にネットとの結びつきが強化されており、その一環でトロフィーに対応したりtwitterが出来るようになったのはいいのですが、「もうちょっとマシな3G回線利用プランは用意出来なかったのか?」というのが率直な感想です。先行投資がてら3G/Wi-Fi版を購入しましたが、今の所ISW12HTのデザリング機能を用いてしかネットには接続していませんし、今後も3G回線を利用してネットに繋ぐということは余程のことがない限り無いと思います。というのも、最もお手軽であるはずのプリペイド式の3G回線利用プランの内容が余りにも酷いからです。詳細はこちらのサイト様を見て頂ければ分かるかと。そういった訳でVitaの3G/Wi-Fi版の購入は、明確な目的が無い限り止めておいた方がいいかと思います。






◯総評
 ハードの持っている高いポテンシャルから可能性は感じられましたが、現時点では可能性の段階で止まってしまっているといった印象を受けました。PS3のリモートプレイがその最たる例ですね。将来的にはPS3用のコンテンツがリモートプレイで利用できるようになるのかもしれませんが、現時点ではPS3用のコンテンツは殆ど利用できない。このような、『今後の発展に期待』といった感想を持ってしまうような内容のコンテンツが多いのが気になりました。まだ発売したばかりですので、今後の発展に期待するというのは間違った考えでは無いのでしょうが、今の段階では『やや物足りない出来』であると言わざるを得ない内容のコンテンツが余りにも多すぎる気がします…。こういった事情から、今すぐ急いでVitaを買う必要性は皆無であると断言出来ます。欲しいソフトが出てから購入を検討しても決して遅すぎることは無いかと。


以上、PS Vitaの簡単なプレイレポでした。
スポンサーサイト

category: ゲーム関係

CM: 0 TB: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。