Admin New entry Up load All archives

濁流のような日々の中で

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

『ARMORED CORE V』レビュー 

20120131213101-840.jpg
パケ絵は超COOL


今回の記事は『ARMORED CORE V』のレビューとなります。
■あらずじ
かつての名は忘れ去られ、ただシティとのみ呼ばれる街。
その街の指導者である「代表」は、厳しい隔離政策による独裁的な支配体制を布いていた。
市街への居住を許されなかった、「存在しない人々」の住居である地下世界。
そこには、ただ絶望と諦念だけがあった。
代表の腹心であったその男は、いかなる咎の故か市街を追われ、地下へと追いやられていた。
いつしか彼は地下世界の人々の指導者となり、レジスタンス組織を築き上げると
代表の支配を打倒すべく、地上への反抗作戦を実行に移した。
しかし、その計画は事前に漏れていた。
クーデターは失敗に終わり、壊滅的な打撃を受けたレジスタンスたちは
再び地下へと逃げ延びるほか無かった。
一年後。
男の遺したレジスタンス組織は、その娘へと受け継がれていた。(公式より転載)





■レビュー
◯良い点
[シングルプレイ]
・CGムービーのクオリティの高さ
・メカデザイン
・声優の演技
・本気で殺しにかかっってくる敵AI

[マルチプレイ]
・領地ミッションや傭兵システムといった面白いアイデア

[シングル/マルチ共通]
・ロードが早い
・自分の腕の成長が実感できる
・メカの挙動の良さ
・オーバード・ウェポンの派手さと挙動


◯悪い点
[シングルプレイ]
・短い上に展開が意味不明なストーリー
・オーダーミッションの内容の無さ
・飛行型の敵AIのアホさ
・水増しされたパーツ数とミッション数
・ごちゃごちゃしていて非常に見難いHUD

[マルチプレイ]
・繋がらないオンライン2012
・サーバーの貧弱さ
・チームレベルシステム関係の諸問題
・領地戦における致命的な仕様

[シングル/マルチ共通]
・オンライン環境が必須なゲーム内容
・数々のバグ
・フレームレートの極端な低下
・武器バランスの劣悪さ
・アセンブル画面における操作性の悪さ
・ゲーム進行を妨害する勢いで行われるオートセーブ


 本作『ARMORED CORE V(以下略:ACV)』は、管理人が初めて腰を据えてプレイしたアーマード・コア作品となります。過去作からのファンの評価がすこぶる悪かった体験版をプレイして、本作に登場するACのメカデザイン・挙動に惚れ込んでしまい発売日に購入したまではいいのですが、いざ製品版をプレイすると様々な面でガッカリさせられました。『大して技術力の無いゲーム制作会社が、身の丈に合っていない規模のゲームを作ろうとして盛大に失敗した』とでも言えばいいのでしょうか?ゲームデザインをミスってしまった感が半端ないです。「3年も制作に時間を費やしておきながらこの出来は無いだろ!」と思わず言いたくなるような出来でした。2012年度初のガッカリゲーです。

 冒頭に流れるCGムービーは某JRPG並にクオリティが高いのですが、肝心のゲーム内容も某JRPG並に薄っぺらいものになってしまっているので、ムービーが綺麗だからといってゲーム自体の評価には1コジマたりとも影響しません。はっきり言って予算の無駄遣いです。それでもまあ男心にグッとくる内容のムービーではあるので、一応『シングルプレイにおける良い点』の1つとして挙げておきました。他に良い点として挙げるべき点が中々思いつかなかったから仕方がなく挙げた、という訳では断じてありません。本当です!本当ですってば!

 ゲーム内容が薄っぺらいものなってしまった原因は色々と考えられますが、確固とした世界観が確立出来なかったことが主な原因でしょう。『ストーリーの補完をプレイヤーの脳内補完に任せる悪癖』が本作にて最悪の形で問題化したことは、原液を水で薄め過ぎて、甘い匂いがするだけのただの水になってしまったカルピスの如く、とってもスマート(薄い)な内容のストーリーがよく表してくれています。本作のストーリーを担当したシナリオライターがもう少しスマート(賢い)だったのなら、このストーリー内容が如何に物足りない内容であるのかということに気付いて改善していたかもしれませんが、残念ながらそうはなりませんでした。現実は残酷です。

 どんな作品においてもストーリーには起承転結の流れが例外なく存在する訳ですが、この作品の場合『起』と『結』が見事に欠落してしまっている為、プレイヤーはなんの脈絡も無く唐突に出てくる設定やら超展開やらに度々驚かされることになります。冒頭でレジスタンス組織のメンバーをアホ程殺しまくっていた主人公が、次のミッションで『レジスタンス組織の最後の希望』的な存在になっている・・・なんてトンデモ展開はほんの序の口ですので、この程度の展開で一々驚いているようではACVのシングルプレイは間違いなく楽しめないでしょう。「上記のトンデモ展開の裏には『レジスタンス組織を叩いた直後に「代表」に裏切られて死にかけるものの、レジスタンス組織のリーダーの娘の懸命な介護のおかげで一命を取り留めて、それからは命の恩人である彼女の為に主人公はACを駆ることを決意した』というAC4的な展開があったに違いない!」と瞬時に脳内補完が出来るような、非常に高レベルな脳内補完スキルがACVのストーリーを楽しむ為には必須となります。これがファンの言う『フロム脳』というものなのでしょうが、ファンが制作会社側に「不完全な内容のストーリーでいいんだよ」という逃げ道を与えて甘やかしているだけの悪しき風習であるとしか思えません。本作のストーリーの薄っぺらさを体感した身としては、そのようにボヤきたくもなります。

 シングルプレイでも楽しめるミッションはメイン(?)のストーリーミッションと、様々な内容のミッションが楽しめるという触れ込みだったオーダーミッションの2つがあるのですが、このオーダーミッションの水増しっぷりがただでさえ薄っぺらいゲーム内容により拍車を掛けることになってしまっており、『過去作最大のボリューム』という宣伝文句を信じ、シングルプレイの出来に期待して購入したピュアな心を持つプレイヤー達を絶望の底へと叩き落としています。似たようなシチュエーションにステージの使い回し・・・こんなコピペミッションが沢山あるよと言われた所で、まあ喜ぶ人はまずいないでしょう。しかし、この作品の目玉要素の1つでもあるオーバード・ウェポンを全て入手する為には、このクソ退屈なクソコピペミッションを全てクリアしなくてはいけないので、プレイヤーは某キリコよろしく、必然的にこの作業地獄に付き合わされる羽目になります。どうしてこうなった。おまけに、オーダーミッションの時系列がストーリーミッション後であるのにも関わらず、ストーリーミッションを始める前にオーダーミッションをプレイすることが出来るという、公式がネタバレを推奨しているかのような謎仕様になっている為、これからACVをプレイする人は十分にご注意を。

 シングルプレイは上記のように悲惨極まりない状態なのですが、オンラインプレイの方はもう悲惨を通り越してお葬式状態になってしまっており、発売1週間にして早くも数多くの問題点が露呈してしまっています。まず本作最大の売り要素である『領地戦』ですが、これは正常に機能していないと言って良いでしょう。今のオンライン(PS3版)における領地支配の勢力図の7~8割方は、発売日当日の9時(ゲームの小売店が開く時間)から変わっていません。これが意味することは1つ。ACVをフライングゲットしたチームがNPCしかいない領地を手当たり次第に襲撃し、小売店で発売日に購入したプレイヤーが入ってくる前に領地の大部分を確保し終えていたということです。これだけ聞くと「領地を取られたのなら取り返せばいいじゃない」と思われる方もいるでしょうが、それがそう簡単には出来ない仕様になっているんですよね。領地を攻める側と守る側の数が釣り合っていないからか、マッチングが全く行われません。傭兵を何人か雇って出撃しようとしても、ブリーフィング画面で進まなくなる・・・なんてことが日常茶飯事です。結果として、領地戦では相変わらずフラゲチームと一部の上位チームが領地を占有し続けており、新規参入チームにはそれを簒奪する機会すら与えられないという、資本主義社会の抱える『持つ者と持たざる者』の関係をゲーム内において度々痛感させられることに。まあこれはこれでいい社会勉強になるから良い・・・ってなんでだよ!せめてマッチングだけでも改善されれば、現状のクソみたいなゲーム内容もファブリーズをふりかけたクソ並には良くなるとは思うのですが、マッチング関係の不具合に対する公式の対応が本当にファッキンで、やれ「お客様の回線が悪い」だの「NAT3なのが原因」だの、明らかにゲーム側の問題であるのにも関わらず、お茶を濁すような対応で肝心の問題に対しては一向に対処しようとしない為に事態が全く改善されません。これは流石に如何なものかと。オンラインプレイが主体のゲームなのにこの対応の酷さはある意味凄いですよ。

 領地戦以外のゲームモードならマッチングの不具合やらシステム面での問題に悩まされることはありませんが、その代わりに武器バランスの悪さに悩まされることになります。現状のバランスではガトリングとショットガンが余りにも強過ぎるので、それ以外の武装できた場合は高確率でディズニーアニメのキャラみたいに穴あきチーズになること確実です。領地戦のゲーム内容も問題ありですが、フリーの対戦やらランクマッチにもこうした事情から、使用する武器・装備がかなり限定されてしまうのですが、それに加えてパーツ数の少なさ(500種類は水増しです)という、カスタマイズして楽しむというコンセプトのロボゲーにあるまじき致命的な仕様も相まって、結果的にアセンブルで自機をカスタマイズする楽しさの大部分が失われてしまっています。

 こういった数々の問題点以外にも、色々とストレスが溜まる問題点が多いのが気になる所ではありますね。フレームレートの急激な低下がその最たる例で、大して綺麗なグラフィックではない(どちらかと言えば古臭い)のにも関わらず頻繁に処理落ちが発生します。巨大兵器相手との戦闘中に「スローモーでもかかってるのかこれ?」と思わず疑ってしまう程にフレームレートが低下してしまうので、戦闘に支障をきたすこともしばしば。このようなゲーム進行に直接影響を与える問題点だけはでなく、プレイヤーを少し苛立たせるペースで行われるオートセーブやガレージ・アセンブル画面の操作性の悪さ、ひっつきバグといった細かい問題点も数多く存在する為、プレイヤーは敵ACだけではなく己のストレスとも戦わなくてはいけません。

 メカデザインやメカの挙動、声優の演技は実に素晴らしいものなだけに、どうしてもゲーム内容の駄目っぷりが目立ってしまうと言うか・・・。とにかく非常に残念な出来の一作でした。アマゾンのレビューにおける低評価っぷりにも納得できます。「ブースターとスラスターの噴射口から排出される白煙のエフェクトを見るだけでご飯十杯はイケる!」と胸を張って言えるメカフェチの方以外には、本作は全くもってオススメ出来ません。過去作のファンの方も詐欺広告に惹かれた方もスルーされるのが懸命です。


総評:30点


ARMORED CORE V (アーマード・コア ファイブ) 特典「オリジナルヘッドセット」付きARMORED CORE V (アーマード・コア ファイブ) 特典「オリジナルヘッドセット」付き
(2012/01/26)
PlayStation 3

商品詳細を見る

ARMORED CORE V (アーマード・コア ファイブ) 特典「オリジナルヘッドセット」付きARMORED CORE V (アーマード・コア ファイブ) 特典「オリジナルヘッドセット」付き
(2012/01/26)
Xbox 360

商品詳細を見る

category: ゲーム関係

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tokeiusagi001.blog51.fc2.com/tb.php/112-2cfc800d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。