Admin New entry Up load All archives

濁流のような日々の中で

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

『Steins;Gate 比翼恋理のダーリン』レビュー 

darin.jpg
パケ絵の中心には何故かダルが・・・

今更感が半端ないですが、今回の記事は『Steins;Gate 比翼恋理のダーリン』の簡単なレビューとなります。

■各ルート評価
まゆりルート:90点
助手ルート:30点
鈴羽ルート:50点
フェイリスルート:60点
るか子ルート:20点
萌郁ルート:80点


■レビュー
ラブコメ寄りのファンディスクということで発売前はかなり期待していましたが、実際にプレイしてみると期待を大きく裏切られた感じがしました。まゆりルートと萌郁ルート以外にその出来を褒められるルートが存在しないのは流石にちょっと・・・。
全体的に微妙な出来のルートが多かったです。シュタゲ本編の方でもサブヒロインのルートは微妙な出来のものが多かったですが、本作のサブヒロインのルートの微妙っぷりはそれ以上でした。フェイリスルートでは4℃がとにかく鬱陶しく、鈴羽ルートではあのダルが殺意を覚えるほど嫌な奴と化してしまっているので、常にストレスと戦いながらルートを進めなければなりません。
鈴羽ルートにおけるダルの鬱陶しさと言ったら筆舌に尽くし難いものがあり、シュタゲ本編の鬱イベントである『無限サイクリング』で道路に突き飛ばしておけば良かったと思うこと必至です。TV画面の中でドヤ顔をキメているダルの顔に向けて何度コントローラーを投げつけてやろうかと思ったことか・・・。こうしてレビュー記事を書いている今でも、その時のことを思い出して怒りで手が震え、キータイプを何度もミスりそうになりました。不快感が具現化したかのようなイベントがギッチリ詰まった最悪のルートでしたね・・・。

そして、何よりも恐ろしいのがその最悪なルートを上回る(下回るかな?)最凶かつ最低な出来のルートが存在することです。助手ルートとルカ子ルートがその悪夢のような出来のルートに該当するのですが、まずは助手ルートから不満を並び立てていきます。
助手ルートには鈴羽ルート並の鬱陶しさを感じるイベントも存在しなければ、後述するルカ子ルートみたく「ライターの頭逝ってるんじゃねーの?」と思わざるを得ないようなマジキチ展開も存在しません。では何が駄目かと言うと、恋愛が成立するイベントも存在しないということ。ラボメンガールズとの恋愛要素を売りにしているファンディスクであるのにも関わらず、恋愛が成立するイベントが入っていないなんですよ?何考えてんだって話ですよホント。本編ですらちゅっちゅしているというのに、おててつないではいおしまい♪とか生殺しにも程があるでしょ!本作で恋人以上"先っちょが入るか入らないか"未満な関係に発展するであろうと勝手に思い込んでいた管理人が、血の涙を流しながら助手ルートをプレイし終えたことは最早語るまでもありません。

次にルカ子ルート。もうヤバい、とにかくヤバいです。何がヤバいかってクレイジーなイベントしか存在していないのがヤバい。
シュタゲ原作のルカ子ルートとは異なり、本作のルカ子ルートが"男"のまま話が進行する点に関してはまぁまだ理解できます。そういうニッチな嗜好もありますもんね。最近は男の娘とやらが一種のブームになっているみたいで、そういった嗜好の人達専用の月刊誌が発刊されましたし・・・・・・・・・・・・・・・・・・すみません、やっぱり理解できません。いや、だって"付いてる"じゃないですか(迫真)
「愛があれば関係ねぇ!」とはよく言いますけどね、実際問題凸に凸はハマらないでしょ!そこは認めないと前に進めませんよ!
まあこれは単に管理人の嗜好に合わなかったというだけで、ルートの出来の良し悪しに関係する事柄ありません。問題はその"クレイジーなイベント"の内容です。ルカ子ファンの10人中7人が唖然として「は・・・?」と無意識的に呟き、2人が錯乱して本作のディスクを叩き割り、1人が発狂してtwitterで殺害予告をしかねない内容でした。とにかく酷い、酷すぎる。
徹頭徹尾トンデモな展開が続くので、このルートを進めることはその手の展開に耐性がない人にとって、ある種の修行のような苦行に感じられること確実です。.5pbはまず本作の監修の前に、シナリオライターの服の袖を捲って静脈注射の痕があるかどうかを調べるべきでした。話の構成能力も無ければキャラ愛も全く無いライターにシナリオを書かせた結果が、ごらんの有様だよ!


mayuri.jpg
FOOOOOOOOOOO!!!

助手ルートとルカ子ルートが担当したシナリオライターの海馬に電極をぶっ刺してやりたくなる程に酷い出来だった一方で、まゆりルートと萌郁ルートは本当に素晴らしい出来でした。まゆラー(※まゆり好きの人の意)でならずとも、まゆりルートのラストで感動すること間違いなしです。他のルートもまゆりルート並に出来が良ければ・・・と思わざるを得ません。

萌郁ルートはまゆりルート程完成度の高いルートであるとは思いませんでしたが、それでも他のルートと比較すると随分と出来が良かったですね。プレイした暁には「お前ってこんな可愛かったんか・・・」と思うこと確実です。シュタゲ本編ではストーリーの中盤から後半まで『憎悪の対象』としてしか見ることが出来ず、後半からは『哀れみの対象』としてしか見ることが出来ないキャラであったこと考えると、ファンディスク化の恩恵を一番受けたキャラは萌郁であると言えるでしょう。本作では個別ルートもありますしね。


まゆりルートや萌郁ルートといった出来の良いルートもあるのですが、イマイチな出来である鈴羽ルート&フェイリスルートと信じられない程に酷い出来の助手ルート&ルカ子ルートのせいで、ファンディスクとして平均以下の出来になってしまいました。シュタゲが好きであることは当然の前提として、過度な期待さえしなければそこそこに楽しめるかもしれませんが・・・正直、余りオススメ出来ません。
それでも「プレイしてみたい!」と言う人には、中古価格がもう少し下落してからの購入をオススメします。本作にフルプライス分の価値はありませんので、『新品で購入することだけは絶対に止めておいた方が良い』と忠告しておきます。


総評:50点


STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん(限定版) 予約特典:未来ガジェット12号機「だーりんのばかぁ」付きSTEINS;GATE 比翼恋理のだーりん(限定版) 予約特典:未来ガジェット12号機「だーりんのばかぁ」付き
(2012/04/26)
Sony PSP

商品詳細を見る
STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん 特典 箱入りスティックポスター付きSTEINS;GATE 比翼恋理のだーりん 特典 箱入りスティックポスター付き
(2012/05/24)
PlayStation 3

商品詳細を見る

category: ゲーム関係

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tokeiusagi001.blog51.fc2.com/tb.php/127-6ff34010
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。