Admin New entry Up load All archives

濁流のような日々の中で

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

『Spec Ops: The Line』のデモ版をプレイ 

title_20120616135342.jpg
ドバイへようこそ!

『巨大な砂嵐によって壊滅したドバイを舞台に、人間の狂気を描く』という一風変わったコンセプトを売りにしているということもあってか、前々から非常に気になっていた作品だったので、購入するか否かを決めるために体験版をプレイしてみました。


aec.jpg
冒頭からいきなり激しい戦闘

edj.jpg
デフォルトで日本語字幕表示に対応しています

日本語字幕が収録されているマルチランゲージ仕様のソフトなので、ストーリーの流れを理解することに関しては全く問題がありません。他の現代戦シューターとは毛色の異なるダークなストーリー展開が良い感じですね。それにしても、ストーリーに力の入ったTPSをプレイするのは久々のような気がします。最近はマルチプレイの方に力を注いだシューターばかりになってしまいましたからね・・・。


wd.jpg
廃墟と化したドバイ

of.jpg
建造者不明の謎の電波塔

wd2.jpg
荒廃したドバイのビル内部。倒壊が進んでおり、かなり傾いてしまっています。

壊滅したドバイというユニークな舞台設定は非常に魅力的で、ステージを進めるだけでも中々に面白く感じられます。他の現代戦シューターでは見かけない独特の雰囲気が出ているので、新鮮な気持ちでプレイ出来るのが良いですね。


sfs.jpg
SSDD

encount_20120616135627.jpg
難民と遭遇

この作品に登場するキャラ同士の会話は何と言うか、他の作品と比べてより映画的な感じがします。キャラの"人間臭さ"が滲み出ている・・・とでも言えば良いのでしょうか?脚本がよく練られているのが体験版をプレイしただけでも伝わって来ました。シューター要素よりもストーリー要素の方が重要な作品ですので、この点は評価したいです。もっとも、製品版プレイ後にはまた違った印象を抱いているかもしれません。海外のレビューではストーリーが高評価されているので、杞憂に終わる可能性の方が高そうですが。


combat1.jpg
戦闘はカバーしながらの銃撃戦が基本

combat2.jpg
弾薬は少ないですが、敵は結構出てきます

vos.jpg
頭ぶち抜く5秒前

combat3.jpg
階下にいる敵に銃撃

作中の雰囲気やストーリーが独特な一方で、戦闘システムは"よくあるシューター"といった感じの出来でした。まあ悪くはないんですけど、没個性的過ぎて特に取り立てて紹介するような特徴はありません。宣伝で謳われている『砂山等の環境を利用した攻撃』というのも、このデモ版では殆ど体験できませんでしたしね。製品版の方では、戦闘システムにもう少し"この作品ならでは"の独自色が出ていることを期待します。ストーリー重視の作品にそこまで求めるのは酷な話かもしれませんが・・・。


とまあこんな感じで体験版をプレイした訳ですが、予想以上に楽しんでプレイすることが出来たので、近日中に間違いなく本作品の製品版を購入すると思います。クリア後に簡単なレビュー等をするかもしれません。

category: ゲーム関係

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tokeiusagi001.blog51.fc2.com/tb.php/145-dbcd4e36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。