Admin New entry Up load All archives

濁流のような日々の中で

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

『とある飛空士の追憶』読了 

toaru.jpg
4年の時を経て、ようやく読了

友人から借りたまではいいものの、忙しくて読む時間がなかったり借りたことを忘れてしまったりで4年近くも積んでしまい、半ば借りパクの様な状態になってしまっていたので、空いている時間を使って一気に読了しました。本当は何日かに分けて読んでいくつもりだったのですが、テンポの良い展開が管理人に途中で読むのを止めるのを許してくれませんでした。文体が予想以上にしっかりしていたことも相まって、流れるように読んでいくことが出来ましたね。ここまで早いペースで読んだのは久々のような気がします。

さて、肝心の内容についての話なのですが、1冊分という限られたページ数の為に作中の独特な世界観が説明しきれていないな、という印象は受けたものの、話は全体的に上手くまとまっており、空戦の描写も丁寧で非常に読み応えのある内容となっていました。特筆すべきは、ラストの完成度の高さとそれに伴う読了感ですね。表紙絵だけに注力して内容が表紙絵のレベルに全く伴っていない様なシリーズ物のライトノベルが、何冊も何冊も巻数を重ねていくことによって漸く読者に感じさせることが出来る読了後のカタルシスを遥かに上回る読了感を、この作品は僅か一冊で管理人に感じさせてくれました。心地の良い切なさに浸らされた上で魅せられる、情緒的かつ幻想的な描写によって飾られたこの作品のラストは、本当に『素晴らしい』の一言に尽きます。今まで読んできたライトノベルの中でも、この作品のラストは指折りの名ラストでした。しばらくの間は心地の良い余韻に浸れそうです。

category: 雑記

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tokeiusagi001.blog51.fc2.com/tb.php/151-4edd589c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。