Admin New entry Up load All archives

濁流のような日々の中で

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

htc J butterfly着弾 

DSC_0287.jpg
HTCの日本向け新フラグシップ機、ついに発売!

発表されるや否や、その『ひとめ惚れの予感です』というキャッチコピー通り見事に一目惚れしてしまったので、悪名高きIS04(途中でEVO 3DことISW12HTに交換してもらいました)の割賦金が残っているのにも関わらず機種変してしまいました。実際使ってみた感想は「最高」の一言に尽きます。HTC製のスマートフォンは相変わらず安定して高品質を保っていますね。

という訳で今回の記事では、HTL21ことhtc J butterflyのファーストインプレッションを掲載しています。
DSC_0288.jpg
EVO 3Dと比較すると、その大きさの差は一目瞭然

◯良い点
・デザイン
大きさが大きさだけに持ちにくいのではないか?と思っていたのですが、実際の所は、持ちやすさが十分に考慮されていることが伺えるデザインのお陰でかなり持ちやすくなってます。緩やかにカーブを描く形で本体外側のラインを形作っているのが良いですね。

・5インチのフルHDディスプレイ
人の肉眼で視認できる綺麗さを超えた440ppiという高解像度のお陰で、画面は非常に綺麗に感じられます。下手な印刷物を見るより、コチラで見た方がハッキリと見えると断言できますね。試しに、自炊した書籍をSDに読んでみたら、余りの精細さに感動を覚えました。この高解像度の為にバッテリー保ちがある程度犠牲になっていたとしても、軽く許せてしまいます。

・本体の動作
Android 4.1(Jelly Bean)を採用していることと、搭載されているクアッドコアCPUによる処理の速さに加え、RAMが2GBとスマホとしてはかなりの大容量となっている為、動作はかなり軽快なものとなっています。ヌルヌルサクサクといった表現がしっくりくる感じですね。機種変前は「EVO 3Dの動作パフォーマンスで十分じゃないか?」と思ったりもしましたが、この機種を弄ってその考えの間違いを悟らされました。現時点で存在するAndroid陣営のスマートフォンの中で、1・2位を争うほどパフォーマンスが高いと言っても決して過言ではありません。HTCは本当にとんでもないフラグシップ機を開発したものです。

・サウンド
HTC独自の音質エンジンであるBeats Audioがかなり良いです。曲のジャンルによって得手・不得手はあるでしょうが、低音やドンシャリ系の音が多く用いられているロックに関しては相性がかなり良いと思います。ウォークマンのAシリーズとこちらの機種とでAC/DCの名盤"Back in Black"を用いて聞き比べをしてみましたが、こちらの機種の方が低音やドンシャリ系の音がよく響いていました。Power Ampとの併用も可能となっており、イコライザーで自分好みの音に微調整することも可能なので、バッテリー持ちの不安こそあるものの、今後はウォークマンではなくこちらの方で曲を聞いていくかもしれません。

・カメラ
正直な所、画質はそこまで良いとは思いませんでした(とは言ってもEVO 3Dとは雲泥の差)が、起動速度の速さが素晴らしいですね。カメラの起動まで体感時間で0.5秒ぐらいでしょうか?起動時間の為に一瞬のシャッターチャンスを逃すことはまず無いと言えるでしょう。SNS用の画像を撮るのにうってつけの仕上がりとなっていたので、管理人にとってはとても嬉しいポイントでしたねこれは。


◯悪い点
・USB部分のパッキン
USB接続部分にあるパッキンが非常に脆そうな作りになっているので、使っている内に根本が折れてしまうのではないかと心配になってしまいます。せめて充電時はパッキンを外したくないので、接点充電器を早く出して欲しいですね。

・内蔵式バッテリー
モバブーでカバー可能とは言え、やはりここは交換できる仕様にして欲しかったです。

・Sence 4+
まあそこまで気にはならないのですが、Sence 4+をホーム画面として使用していると、特定の動作を行った際に挙動がモタつくことがあるんですよね。これが本体側の問題ではなく、Sence 4+固有の問題であることはSence 4+を採用している既存機種で同様の問題が生じていることからも明らかなので、この点は早急にアップデートで改善して欲しいですね。


いやー、非常にいい買い物だったと思いますこれは。auの4G LTE(正確には3.9Gですが)エリアが予想していたより広範囲をカバーしていたということもあって、ブラウジングもEVO 3Dの時と比べるとかなり向上していますし、もう至れり尽くせりと言った感じです。不具合らしい不具合も今の所は特に経験していないので現状では不満は特に無く、大きな満足感しか存在しません。
今冬におけるau最新機種の中において、最優秀の機種であると言っても決して過言ではないHTL21/htc J butterflyは、5インチという大きささえ気にならないのであれば、今冬に機種変をしようと考えているauユーザーの方・MNPでauに移ることを考えている他キャリアの方に、胸を張ってオススメ出来る機種です。『気持よすぎるHTC』のキャッチコピーは伊達ではありません。

category: 雑記

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tokeiusagi001.blog51.fc2.com/tb.php/190-298af363
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。