Admin New entry Up load All archives

濁流のような日々の中で

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

色々届きました(その2) 

ccc_ost.png
ある意味、ファン待望とも言えるEXTRAのサントラです。

特典冊子の肌色率の高さに定評のある『Fate/EXTRA CCC Original Sound Track 初回限定版』の保管用(2個目)が届きました。既に届いている1個目の方もネタバレを恐れて未開封のままなので、早いとこCCC本編4周目のアーチャー√を終わらせて開封したいですね。サントラも早く聴きたいですし、初回版限定特典であるBD映像(OPアニメの完全版)も見てみたいですが、何より特典の冊子類(CCC用語辞典+CCC EXTRA Garden)が読みたくて読みたくて仕方がありません。石恵氏(偽MIDI泥の会)が描いたというキャス狐のイラストが『凄い』(※ナニがどうスゴいのかはお察し下さい)という話を耳にしたので、キャス狐が推しサバの管理人としては、事の真偽を確認せざるを得ないのです。決してやましい気持ちはありません。




ex_dcd.png
第一章にしてCD4枚組というとんでもないボリュームに・・・

omake_cd.png
左のCDがAmazonの購入特典CDで、右のCDがホビレコの購入特典CDです。

無印EXTRAのドラマCDシリーズ2巻目である『Sound Drama Fate/EXTRA 第二章 強きもの弱きもの』の予約が始まったので、発売当時色々あって購入しそびれていた1巻目の『Sound Drama Fate/EXTRA 第一章 月の聖杯戦争』の特典付きをHOBiRECORDS(ホビレコ)の公式通販で購入。商品代金の支払い方法を間違って郵便振替に指定してしまったので、支払いは少々面倒臭い手続きを踏まなければなりませんでした。入金確認の連絡が来るまで少々時間がかかったこともあって、「手続きどこかでミスってないよね・・・?」と不安に思うこともありましたが、入金の連絡が来てから商品到着までの流れは拍子抜けする程スムーズなものでした。ともあれ、これで心置きなくこの大ボリュームのドラマCDを楽しめるというものです。

ここからは余談・・・と言うか、ちょっとした解説の話になります。何の解説かと言うと、特典のCD内容の違いについてですね。

Amazonで購入した際に購入特典として付いてくる【Amazon.co.jpオリジナルBGM CD(正式名称はORIGINAL B.G.M. COLLECTION)】なるCDと、ホビレコの公式通販で購入した際に購入特典としてナプキンの様な何かと一緒に付いてくる【SPECIAL B.G.M. COLLECTION】なるCDに収録されているBGMは『異なるもの』なのか、単にCDの名称が違うだけで収録されているBGMは『同一のもの』なのかの判断が出来なかったので、両方入手して確認してみました。

結論を言うと、双方に収録されているBGMは異なったものとなっていました。そりゃ店舗特典なんですから当たり前ですよね・・・。
「じゃあどちらを買えばいいの?」という話になるのですが、どちらのCDに収録されているBGMも"如何にもドラマCDで使われていそうなチープ感が漂うBGM"・・・と言えばいいのでしょうか?曲単体で聴くには余り向いていないような、微妙な出来のBGMしか収録されていないんですよね。要するに『特典CDの中身、ましてやその差異のことを考えるだけ無駄』であるということです。何か特別な事情でも無い限り、値段の安いAmazonの方で購入されることを個人的にはオススメしておきます。




sg_sf.png
まさかのゲーム新作。半ば条件反射的に限定版の方を購入しました。


今作のOPは曲/映像共に中々の出来です。

劇場版の公開に合わせる形で、ゲーム新作の『Steins;Gate 線形拘束のフェノグラム(限定版)』が届きました。
まだ2ルートしか終えていないのでゲームの出来に関しては何とも言えないのですが、現時点ではだーりんより楽しめていますね。あらすじが初公開された時、秋葉原の正義を守るアルパカマンが云々の記述を見て絶句してしまったのですが、実際にプレイしてみると、これが意外性に満ちたストーリー内容に仕上がっていたので、予想に反して楽しめました。出だしとしては中々悪くない感じなので、願わくばこれと同等のクオリティを最後のルートまで維持して欲しいですが、はてさてどうなることやら。正直、だーりんのルカ子ルートのような酷い出来にさえならなければそれでいいかな・・・と思っていたり。本作に関してはクリア後にレビュー記事を書く予定です。

あと、これはもう既に各所で言われていることですが、限定版の特典が『ショボい』という言葉では到底形容しきれないぐらいにアレな内容となっているので、これから購入される方は通常版の方を購入された方が良いです。スーパーのお菓子コーナー等で売られている、お菓子付きの携帯電話のおもちゃ(ボタンを押すと音が出る)をちょっとばかりリアルにした程度の物に約4000円を支払う気概がある方以外には、とてもじゃないですけど限定版の購入はオススメ出来ません。5pb.が手がける作品の限定版に付く特典がダメダメな出来の物ばかりなのは昔からのことですが、本作のそれは際立って酷い気がしますね。Vita版ダブルパックに付いて来た誰得特典の巫女服のような嵩張るものじゃ無いだけ、まだマシなのかもしれませんが・・・。




pk_k.png
シャッターチャンスだ!!!

シャッターチャンス教に入信した友人が、会う度に「Vita版フォトカノは絶対面白いVita版フォトカノは絶対面白いVita版フォト(ry 」と、念仏を唱えるが如く宣伝してくるのを黙らせることと、"ファインダー越しに女の子の表情の変化を観察した時に、自身の精神にどのような影響を及ぼすのか?"という、極めて純粋な学術的好奇心を満たす目的で、主人公のゲスい言動が何かと話題(?)になっている『フォトカノKiss』を購入。積みゲーが多すぎてプレイするのがいつ頃になるのか全く見当が付きませんが、出来る限り早くプレイし始めたいですね。早くCCCを終わらせて朧村正を消化し始めないと・・・。




aciii_gen.png
原画集の国内販売はシリーズ初

5/10の正式販売に先駆け、近場の書店(MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店)で先行販売されていた『アサシン クリードIII 原画集』を購入。ゲームとしての出来は微妙だったACIIIですが、アートワークに関しては過去作に負けず劣らずの素晴らしさだったので、この原画集の日本語版販売は素直に嬉しいですね。144ページに渡って掲載されているイラストの数々は、どれもこれも非常に見応えのあるものばかりです。原画集の表紙絵を見て「良いな、これ」と思ったのなら、購入しても損をすることはまずありません。値段以上の価値を感じられる珠玉のアートワーク満載の1冊に仕上がっていたので、かなり満足することが出来ました。

category: 雑記

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tokeiusagi001.blog51.fc2.com/tb.php/240-eaa75d2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。