Admin New entry Up load All archives

濁流のような日々の中で

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

『次世代Xbox"Xbox One"発表』他 

xbox_one2.png
遂にお披露目!

今回の記事は、タイトル通り次世代Xboxの発表に関する記事となります。

xbox_one.jpg
本体(実機)も公開!

・『Xbox 新たなる世代の幕開け(日本語字幕付きイベント映像)』配信中(Xbox公式サイト)

・【Xbox One発表】Xbox One発表会速報記事ひとまとめ(Game Spark様)

●次世代機戦争の幕開け
管理人にとっての本命である次世代Xboxの発表が、日本時間22日の午前2時に行われました。この発表によって、現時点で数多く出回っている次世代Xboxに関する一連の噂の真偽が判明することとなりました。スペック面に関しては詳細が公開されていない部分が多いので何ともコメントし難い状況ですが、残念ながら『前世代よりKinectに重きを置いた仕様になっている』という噂に関しては真実だったようです。何を以って"ゲーミング体験の進化"とするのかは、人によってそれぞれ異なるのではないかとは思いますが、少なくとも管理人にとって、そうした進化とは体感ゲーム寄りのモノになっていくことでは断じてありません。正直、身振り手振りを駆使してプレイする類のゲームには全くと言っていい程魅力が感じられないんですよね・・・。ですので、KinectやPS Move、Wiiを始めとした最近の体感ゲーム的なデバイス/ハードが増加傾向にあることは、管理人にとって余り喜ばしい流れではありません。次世代Xboxこと"Xbox One"において、そうした流れを加速させるかのごとくKinect要素が重視されているのは、家庭用機の体感ゲーム化に否定的な考えを持つ管理人にとって、ある意味"最悪の進化の形"とも言えます。

360の時はKinectが無くとも別に問題は無かったのですが、このXbox Oneでは体感ゲームをプレイしようがしなかろうが関係なしに、Kinectとの接続が"必須"になるという、半ば嫌がらせに近い仕様になっていることが鬱陶しくて仕方がないですね。わざわざ必須と強調している以上、同梱版しか発売しない腹積もりでいるのでしょうが・・・これで値段がPS4と同じぐらいであったのならば、管理人は間違いなくPS4の方を先に購入します。ハッキリ言います。Kinectなんて、要りません。





製作の指揮を取るのはまさかのスピルバーグ監督

・『Halo』の連続テレビ・ドラマが正式発表(Choke Point様)

●(TVドラマ化は)たやすいことではない
HaloのTVシリーズ制作決定の報にコメントする前に、まずは訂正とお詫びを致します。以前書いた『Halo 4』のユーザーレビューにおいて、管理人は『総評:85点』としていましたが、どう考えてもHaloのことを理解しているとは思えないタブー破りなレジェンドED(※ネタバレ注意)や、どこか違和感を感じる343iのマスターチーフというキャラクターの捉え方再プレイした際に感じた微妙さなどといったことを含めて再考すると『いくら343iの処女作であるとは言え、この総評は些か不適切なものであると断じざるを得ない』という結論に至りました。そうした事情で、拍手をして頂いた方やレビューを参考にして頂いた方には大変申し訳ないのですが、総評を85点から60点へと大幅に訂正させて頂きます。本当に申し訳ありません・・・。

上述のように心境が変化したことや、日本語ローカライズに関する一連の騒動のせいで、Haloという作品に対する熱が冷めつつある管理人ですが、今回のTVシリーズ制作決定の知らせには流石に胸踊らされました。『バンド・オブ・ブラザース』や『パシフィック』のような"硬派な戦争ドラマ"という形でスパルタン(出来ればスパルタンII部隊)の活躍を描いてくれれば最高なのですが、はてさてどのような内容のドラマになることやら。何れにせよ、このドラマシリーズがファン期待の1作であることに間違いありません。

とは言え、不安要素も無い訳では無いです。余り言いたくは無いのですが、スピルバーグ氏が製作を担当したここ最近のドラマは、どうもパッとしない出来の物が多いというか・・・。『テラノバ』は打ち切り(シーズン1で終了)ですし、『フォーリン・スカイ』は突っ込み所が無駄に多く、ストーリー展開も面白くなかったので5話辺りで視聴を止めてしまいました。今回のドラマシリーズが、そうした作品のような微妙な出来にならないことをただ祈るばかりですね・・・。製作総指揮がスピルバーグ氏で、監督を担当するのがニール・ブロムカンプ氏という夢のタッグであったのならば、そうした不安も杞憂に終わるのですが。ともあれ、続報に期待です。





悲壮感漂うトレイラーとなっています。

●遂にトレイラーお披露目
Xbox Oneと合わせる形で『Call of Duty:Ghost』のトレイラーも公開されましたが、その刷新されたグラフィック以上に、洋画『トラフィック』と『シリアナ』の脚本を書いたスティーヴン・ギャガン氏が本作の脚本担当であるという事実に驚かされました。前回書いた記事の通り、本作のシングルプレイ(特に演出面)に余り期待していないのはトレイラー視聴後も変わらないままですが、ストーリー面に関してだけ言えばまだ救いがあるかもしれません。過度な期待は禁物とはいえ、少しだけ楽しみになって来ました。


<<総括>>
しかしまぁ、今回のXbox One発表会には少々ガッカリさせられてしまいました。BDレコーダーを二台合体させたみたいな無粋過ぎるデザインはともかくとして、スペックの詳細が未公開なままであること(GPUのFLOPS、メモリの規格・転送速度が不明)といい、キネクト必須宣言といい、日本国内では展開されなさそうなTVサービスへの注力っぷりアピールといい、現時点では完全に『ネガティブ要素>>>ポジティブ要素』になってしまっています。アーキテクチャの変更に伴う互換性の排除や中古対策といったことはある程度予想できていたこととは言え、実際に明言されると意気消沈してしまいますね。特に前者に関しては、PS4のように救済措置が用意されていなかったという点も痛いです。E3でもう少し良い情報が公開されると良いのですが・・・。ともあれ、今の所は値段が4万円以内に収まらない限り、Xbox Oneを発売日に購入することは無いと断言出来ます。

category: ゲーム関係

CM: 2 TB: 0   

コメント

新箱は中古や割れ対策、Kinectと
Microsoftの理想をユーザーに押しつけている印象が強かったです。

環境の親和性が低いことから、
日本では360以上に悲惨な結果になりそうですね。

riox3san #uljwEXkE | URL | 2013/05/23 10:30 - edit

>>riox3sanさん
全く同感ですね。加えて、ワールドプレミアであるのにも関わらず、北米市場以外の市場のことを気にもしていないような発表内容にも色々と思う所がありました。

時計兎 #- | URL | 2013/05/23 22:28 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tokeiusagi001.blog51.fc2.com/tb.php/246-74a0425b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。