Admin New entry Up load All archives

濁流のような日々の中で

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

パシフィック・リムに首ったけ 


やれ!ジプシー!

久々の特撮映画(しかも予算が180億円の超大作!)ということもあり、公開数カ月前の時点で自分の中でかなりハードルを上げてしまっていたので『期待し過ぎたせいでガッカリすることになるかも・・・』などと、少し不安に思いつつ観に行ったのですが、冒頭におけるジプシー・デンジャーの胸熱出撃シーンでそうした不安は一気に吹き飛び、本作最大の盛り上がりどころの香港防衛戦において繰り広げられたド迫力の【怪獣プロレス】にすっかり魅せられ、そして更には香港防衛戦におけるとある王道的な胸熱展開にハートをガッチリと掴まれてしまい、面白さやら懐かしさやら嬉しさやらが入り混じったカオスな精神状態になった結果、ニヤニヤしながら感涙するという、不審者の如き様相を呈してしまいました・・・取り敢えず、横の人に気付かれなくて良かったです^^;

という訳で、随分と前から楽しみにしていた本作『パシフィック・リム』ですが、最高に楽しめました!こういう熱いノリの特撮映画が作られなくなって久しいということもあってか、自分でもビックリするぐらいに観ていてテンションが上がってしまいましたね。こんな最高の出来の怪獣プロレスを見た後に、来年公開予定のハリウッド製『ゴジラ』を楽しむことが出来るのだろうか?と思ってしまう程度には素晴らしい出来の作品だったので、特撮映画好きの方は迷わず劇場にて鑑賞されることをオススメします。近場にIMAXシアターがあるのであれば、極力そちらの方で鑑賞された方が良いですね。管理人は大和郡山のIMAXシアターにて1回目を観てきたのですが、その迫力たるや凄まじいものがありました。少々割高になりますが、その分の価値は十分あると断言出来ます。

関連商品(立体物)と関連書籍の流通量が少ないせいで、本作に対する愛を物品購入という形に変換することが難しいのは残念ですが、まあこればかりは"特撮"という、どちらかと言うとニッチなジャンルに属する本作の性質上、仕方がないと諦めるしかありませんね・・・今では馬鹿みたいに値段が高騰している本作のビジュアルガイド(日本版)やNECAの7インチアクションフィギュア(ジプシー・デンジャーとクリムゾン・タイフーン、ナイフヘッド・カイジュウの3種)はまだマシな値段で入手することが出来ましたが、ジプシー・デンジャーの18インチフィギュアは中々に値が張りました・・・『買わずに後悔するより買って後悔しろ』という偉大な教えに従うべきだったと激しく後悔するも、時既に遅し。そのことを胸に刻み、来るべきBD予約解禁日に備えようと覚悟を決めたのでした・・・。

category: 映画関係

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tokeiusagi001.blog51.fc2.com/tb.php/271-a5fbe72b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。