Admin New entry Up load All archives

濁流のような日々の中で

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

『Grand Theft Auto V』レビュー 

bc18b78c.jpg
全世界待望のGTA新作、遂に登場!

今回の記事は、海外版『Grand Theft Auto V』のシングルプレイに関するレビュー記事となります。




■ストーリー
太陽が降り注ぐ広大な都市、ロスサントス。かつては欧米諸国から憧れのまなざしを集めていたこの街も、
今や自己啓発を説く教祖、スターの卵、輝きを失いつつあるセレブで溢れ、不安定な経済と安っぽい
トークショーがはびこる時代の中で必死にもがいている。

そんな混乱の中、個性の全く異なる3人の犯罪者が生き残りと成功を画策する。
ストリートの非合法な仕事を生業とするフランクリンは、本物のチャンスと大金を掴みたがっている。
プロの犯罪者から足を洗った前科者のマイケルは、望んでいたバラ色の引退生活を送れずにいる。
凶暴なトレバーは、粗悪な禁止薬物と次の大規模な強盗計画に突き動かされている。打つ手が尽きた彼らは
身を立てるため、全てを賭けて大胆かつ危険な一連の強盗に挑む。



The Chain Gang of 1974の曲"Sleepwalking"とのマッチ感が秀逸なトレーラー




■レビュー
◯良い点
・異常な程に細部まで作り込まれたマップ
・同ジャンル最高峰のグラフィック
・参加可能なアクティビティの多さ
・主人公切り替えシステムの採用
・過去作で採用されていた諸要素の復活
・武器の切り替えシステムの大幅な改善
・バラエティに富んだミッション内容
・ラジオとして収録された楽曲数の豊富さ
・アメリカの文化と世相を皮肉るユーモアの数々

◯悪い点
・時間が盗まれる
・指名手配システムにおける問題
・過去作にあった動作の廃止
・ミッション終了後に入れなくなるロケーションの存在
・些細なバグと笑えるバグ




gtav01.png
舞台はLiberty CityからSan Andreasへ

gtav04.png
本作では都市部だけでなく郡部にも行くことが可能に

●人も世界も生きている
朝になって眩い太陽の光が燦々と降り注ぐ中、その光の下で様々な人が日々の営みを粛々と続けている。都市部では、バス運転手はルート通りにバスを走らせ、港湾労働者は港の施設で労働に勤しみ、庭師は勤めている屋敷の庭を手入れし、セレブは朝からゴルフをして楽しんでいる。山岳地帯では、多くの人が山登りやサイクリングといったレジャーを楽しみ、また、数々の野生動物達が豊かな自然の中を走り回っている。ふと空を見上げれば、ヘリや飛行船に鳥が空を飛んでいる姿を確認することができる。

ーーこれは現実世界の話ではなく、全て本作『Grand Theft Auto V』のゲーム内世界で繰り広げられている日常の光景です。

前作『Grand Theft Auto IV』から5年、Rockstar Gamesは『Red Dead Redemption』や『Max Payne 3』で培ってきた技術と経験を基に、「オープンワールドゲームを再構築する」という無駄に仰々しい宣伝文句をただの宣伝文句として終わらせるのではなく、それを見事なまでに実現してみせました。訳が分からないぐらいに作り込まれたマップは、ある意味このジャンルのゲームにおける最大の問題点とも言える"マップのコピペ感"をプレイヤーに全くと言っていい程に感じさせず、そこを行き交う人々の挙動もよく作り込まれている(例:携帯電話で通話していたり撮影してきたりする等)こともあり、まるで自分自身がその場にいて、街の息遣いを直接感じているかの如き錯覚を与えてくれます。勿論・・・と言っては何ですが、マップや人の挙動だけでなくグラフィック面に関しても、色々な点において前作からの著しい進歩が見受けられます。特にその中でも際立っているのが【遠景描写】で、高所からLos Santosの夜景を初めて眺めた時は、その美しさに思わず息を呑んでしまいました。ゲーミングPCならいざ知らず、5年以上も前に出た現世代機においてこれ程までの描写を可能せしめたR☆の技術力には、ただただ脱帽するしかありません。




gtav06.png
本作では3人の主人公(左からTrevor/Michael/Franklinの順)を適時切り替えて話を進めていく

gtav05.png
本作では戦闘機(今回はF-16とF-18の間の子みたいな機体で、SAの時のようなVTOL機ではありません)も復活

●新旧要素の融合が齎した至上のゲーム体験
本作で追加された新要素である【主人公切り替えシステム】は、システムの詳細が公開された当時こそ様々な懸念や不安がありましたが、そうした懸念や不安が一気に吹き飛ぶような良システムとしてキッチリと仕上げている辺り、流石R☆であると言わざるを得ません。切り替え自体のスムーズさもさることながら、シリーズ初の"複数人の主人公"というシチュエーションを最大限に活用したストーリー展開や演出がなされている為に、ストレスや蛇足感といったようなものは一切感じませんでした。加えて、切り替える対象である3人の主人公の個性や境遇が、全く被らないように上手いことキャラ付けがされていることもあって、三者三様のライフスタイルを楽しむことができる作りになっています。過去に囚われた男と現在にしがみつく男、そして未来に縋る男の3人が織り成すクライムストーリーは、同ジャンルの他作品にはないオリジナリティと輝きを併せ持った、珠玉の出来栄えであると言えるでしょう。

このような新しい要素を追加しながらも、過去作の人気要素を復活させるだけでなく既存要素の改善にまで手を付けている点が、本作を他のオープンワールドゲーとは一線を画する作品として仕立てあげていると言っても決して過言ではありません。本作では、前作で廃止されていた車のカスタマイズ要素が復活したただけでなく、戦闘機やジェット機、水上バイクにオフロードバイクといったような、過去作においては登場しながらも前作では登場することのなかった乗り物も大量に復活しました。また、乗り物だけに留まらず軍隊やAmmu-Nationといった組織や施設も復活しており、ファンの要望にしっかりと応えているのが見て取れます。そして特筆すべきは、武器・ラジオの切り替えシステムが大幅に改善されたという点ですね。わざわざ1つ1つ変えていかなければ、使いたい武器や聴きたいラジオ局を選ぶことができなかった前作までの面倒臭いことこの上ないシステムが、RDRで採用されたようなホイール方式へと変更されたことで、使いたい武器や聴きたいラジオ局を即座に選択することが可能となりました。さらに本作では、前作まで存在していた【武器種別毎に1つの武器しか所持できない】という謎の制限が漸く撤廃されたお陰で、ゲーム中に登場する全ての武器を同時に携行することができるようになっています。地味ではあるのですが、これは中々に嬉しい改善点でした。

また、過去作でも存在していた参加可能なアクティビティの総数はシリーズ最多となっており、本作ではテニスにゴルフ、トライアスロンにスキューバダイビングやスカイダイビング、オフロードバイクレースにストレートレース、ハンティングに犬との散歩といったアウトドア系のアクティビティに加えて、ネットサーフィンや株取引、映画やTV番組の鑑賞といったインドア系のアクティビティも充実しています。




gtav08.png
宣伝でも全面的に押し出されていた【強盗ミッション】の出来栄えは果たして・・・?

gtav09.png
自宅ガレージ近くで犬とボール遊びをしていると、ガレージ内の車が唐突にこんな状態になりました・・・

●僅かな問題点と残された課題
ゲームの規模の割りには取り立てて大きな問題点が無いこともまた本作の凄い所なのですが、大きな問題点は無いにせよ小さな問題点は少なからず存在します。まず挙げられるのが【指名手配システムにおける問題点】ですね。本作の指名手配システムは過去作のそれと比べると大きく変更が加えられており、犯罪行為を行ってから警察が駆けつけてくるまでの間に物陰や路地裏といった警察の視界に入らないエリアに隠れることで、どの手配度においても警察をやり過ごすことが出来るようになりました。このシステムの発想自体は良いと思うのですが、問題なのはその"良い発想"が活かしきれていないという所ですね。過去作と同様に警察が到着するまでの時間が早すぎる為に、警察の視界から逃れるまでの猶予が余りにも無さ過ぎるということと、犯罪行為を行ってから指名手配度が上昇するまでの間にタイムラグが生じることが多々ある(現場付近にいる市民NPCが警察に通報してから手配度メーターが上昇するという仕様の為か?)為に、プレイしていて慌てさせられることが多々ありました。繰り返す形になりますが、発想自体は良いと思うので次回作(何年後になるかは分かりませんが・・・)では是非本作のシステムをベースにシェイプアップを図っていって欲しいものです。サプレッサー装備の狙撃銃を用いて人の目線に付かない場所から狙撃しても手配度メーターが上昇する・・・などといった"指名手配システムの理不尽さ"を味わわさせられるのは、本作まででもう十分でしょう。

次の問題点は【過去作にあった動作の廃止】です。一例を挙げると、前作では車のを降りる際にエンジンを切って降りるか切らずに降りるかを選ぶことが出来ましたが、本作では車から降りると問答無用でエンジンを切られるという、何とも地球に優しい仕様へと変更されています。「ゲームの中でもアイドリングストップを心がけるなんてR☆すごい!!!」などといったR☆信者仕様の脳内フィルターポジティブシンキングで自分自身を納得させるには、余りにも弊害が多すぎる(車から降りると"絶対に"エンジンが切れるので、急いで車を走らせたい状況下に置かれた時にかなり不便)ので、上述した問題点の一例として挙げざるを得ません。とは言え、このことに対してはまだそこまでショックを感じませんでした。ただ、そうした細かな動作のみならず、しゃがみ動作というかなり大きな動作も本作で廃止されてしまったことには流石に面食らってしまいましたね。その代わりとして付け足された【ステルスモード】は、イマイチ使い勝手が悪い上に、そのモードに切り替える為にパッドのボタンをわざわざ1つ割く必要性が全くと言っていい程に感じられない(MGSみたくスティックを少し倒せばステルスモードが発動した状態で歩く、しっかりと倒せば普通に歩くといった感じで良かったのでは・・・?)こともあり、しゃがみ動作の廃止に見合う出来であるとはとてもじゃないですが思えません。

そして次に挙げられるのが、本作の"売り要素"でもある【強盗ミッション】です。問題点・・・と言う程に不満は感じなかったのですが、少々物足りなさを感じてしまいました。その理由の1つ目は、強盗ミッションの回数が予想より遥かに少なかったことです。本編全体を通して、前作でもあったような銀行を対象とした大規模な強盗は僅か2回(物語冒頭の強盗もカウントすれば3回)しかありません。他は宝石店や現金輸送車の襲撃だったり、無駄に派手だけれどもお金や貴重品以外のモノ目当ての襲撃(そもそも強盗とは言い難い)だったりと、唯でさえ少ない強盗ミッションの内の半分ぐらいが、どうにも今一つ"強盗している感"が感じられない内容になってしまっていることもあって、実際の数よりも強盗ミッションの数が少なかったかのように感じられてしまいました。
2つ目は、自由に強盗することが出来ないということです。と言うのも、本作の強盗ミッションは"数あるサブミッションの内の一つ"という扱いではなく、ストーリーミッションの一部として組み込まれている為に、発売前の宣伝によって抱かされた"『PAYDAY』シリーズのように自由に強盗できる"という印象と比べて、その実態が著しくかけ離れたものになってしまっているんですよね・・・。勝手にそのような印象を抱いたこちら側にも勿論責任はあるのでしょうが、しかし何ともやるせない気持ちにさせられてしまいます。




gtav10.png
そこを歩く、という楽しさ。

<<総括>>
ここまで問題点をいくつか列挙してきましたが、本作から得られる"至上のゲーム体験"のことを思えばそれらは全く以て大した問題ではなく、重箱の隅を突っついたらたまたま出てきたような瑣末事に過ぎません。本作は間違いなく現存するオープンワールドゲームの中で頂点に立つ作品であり、そしてそれは当分の間は揺らぐことが無いでしょう。その立ち位置を揺るがす作品が出てくるとすれば、それは9割9分の確立でR☆製の作品であるという確証を抱かせる説得力が本作にはあります。前作が真面目路線に走り過ぎていて不満だった方ーーご安心を。本作はIV以前の馬鹿ゲー路線寄りに回帰しています。歴代シリーズをプレイしたことがない方ーーご安心を。本作はシリーズ未経験者でも十二分に楽しむことができます。まだ購入も予約もされていない方ーー買いましょう。

最後に、この作品のことを表現するのにこの上なく相応しいキャッチコピーを某映画から引用して、筆を置かせていただきます。

「覚悟せよ。度肝を抜かれる。」



総評:90点




グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】(数量限定特典DLC3種 同梱)グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】(数量限定特典DLC3種 同梱)
(2013/10/10)
PlayStation 3

商品詳細を見る

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】(数量限定特典DLC3種 同梱)グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】(数量限定特典DLC3種 同梱)
(2013/10/10)
Xbox 360

商品詳細を見る

category: レビュー

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tokeiusagi001.blog51.fc2.com/tb.php/281-96c6378d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。