Admin New entry Up load All archives

濁流のような日々の中で

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

【艦これ×アルペジオコラボイベント】クリア! 

e-3_01.png
シュール過ぎて笑いが出てくる霧の艦艇(タカオ)の超重力砲

e-3_02.png
資源カツカツになりながらも何とかクリア・・・

登録だけは夏の終わりぐらいに済ませていたのですが、回線の問題でまともにプレイできず(【サーバーの稼働状況に関係なくプカプカ丸で必ず5分程度待たされる→ねこる】の無限ループ大炸裂。運良く繋がっても出撃のメニューが表示されるまで1~2分かかるという有り様・・・)結局プレイし始めたのは問題が解決したクリスマス前になってしまいましたが、どうにか初参加イベントである艦これ×アルペジオコラボイベントをクリアすることができました。E-2で馬鹿みたいに資源が吹っ飛んでいったので新任貧乏提督である管理人にとっては地獄絵図どころの騒ぎではありませんでしたが、これでも秋のイベント(アイアンボトムサウンド)と比べると遥かにヌルいと言うのだから驚きです。アイアンボトムサウンドの時とは異なり、ゲージ回復がないので比較的楽にクリアできるというのは勿論分かるのですが(実際、新任提督である管理人もクリアできた訳ですし)、先任提督の方々は一体どういう資源運用をされているのかが気になって仕方がありません・・・5桁が普通なのでしょうか?鋼材常時3桁台キープの管理人にとって、先任提督の方々は星のように遠い存在であるように感じられます。自分もいつかはその境地に到達したいとは思うのですが、果たしてそれはいつになることやら。

話がそれ過ぎたのでそろそろイベントの感想の方を。資材が終始カツカツでかな~りしんどい思いをさせられました(艦隊のレベリングが十分でないのにも関わらず、司令部レベルが50超えしてたことも原因かもしれません)が、アルペジオの単行本を最新巻まで読んでいたので中々に楽しめました。アニメ版アルペジオの方を見ていないのでラスボスがコンゴウであることには驚かされましたが、それよりもマヤがキ◯ガイキャラ化していたことにぶったまげました。「カーニバルダヨッ!カーニバルダヨッ!」と壊れたジュークボックスの如く連呼しまくりながら、こちらの艦艇を一撃で中破ないし大破状態にする超重力砲をぶっ放してくるものですから、もうたまったものではありませんでしたね・・・何このトラウマメーカー。おまけに、E-2だけでなくE-3で再び登場してくるというしつこさまで兼ね備えているという・・・。返して!原作で「愛するのも愛なら 憎まれるのも愛なんだって」と良い台詞を言っていたマヤを返して!

仲間として運用できる霧の艦艇3隻のスペックの高さには驚きこそしましたが、妥当な性能に上手いこと調整したなと個人的には思いました。原作のスペックをそのまま再現すると、ノーダメで2-4を単艦突破するなんてことを軽くやってのけちゃう無敵艦が誕生してしまいますからね・・・尋常ではないハイスペックっぷりを披露していることは確かですが、運用コストが非常に大きいことを考えるとトントンと言った所ではないでしょうか。中破の憂き目に遭ったハルナを何も考えずに入渠させた際に、4桁の鋼材が一瞬で溶けて消えていった時には「あんぎゃあああああああああああ」と思わず悲鳴を上げてしまいましたが・・・。ところで、実際の艦艇を運用して戦うメンタルモデルと艦娘達が一体どのように戦っているのか、という謎に答えはあるので・・・うわなにをするやめ

今回はコラボ先の作品にヘイトが向かないようなバランス調整がなされていたので、新任提督である管理人でもクリアすることができましたが、問題は次のイベントですね・・・。アイアンボトムサウンドのような悪い意味で盛り上がるイベントになるのか、はたまた新任提督から先任提督まで楽しめるような良イベントになるのか。どちらに転ぶにせよ、資源が溶けていくことは間違いないでしょうね・・・。

category: ゲーム関係

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tokeiusagi001.blog51.fc2.com/tb.php/304-e19b895b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。