Admin New entry Up load All archives

濁流のような日々の中で

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

『ウルヴァリン:SAMURAI』鑑賞 


新幹線の上でミュータント(SAMURAI)と戦うYAKUZAの勇姿を刮目せよ!!!

パシリムの【萌&健太ビデオ】程の笑撃は無かったにしても、全編通して"妙な日本感"がウルヴァリンの筋肉並みに大炸裂(?)していたので、中々に笑えました。敵にも味方にもミュータントが殆ど登場せず、その代わりにコッテコテのステレオタイプなヤクザと忍者が大勢登場していた為に、途中何度もキル・ビルを見ているような錯覚に襲われましたが、如何せんスピンオフ作品のスピンオフ作品みたいな立ち位置の作品ですので、まあこんなものかなーと勝手に納得して、ボーッと見ていたら気がついたら終劇していたという・・・まあ、1本のお気楽アクション映画として評価すれば、『そこそこ見れる』ラインには達している作品であると個人的には思いました。

先述した通り、本作の立ち位置はあくまでスピンオフ作品ではあるのですが、ウルヴァリンが『X-MEN:ファイナルディシジョン』の劇中においてとある選択を行った結果、背負うこととなった自身のトラウマを克服していくという、極めて本編寄りのストーリーが展開されている作品でもあるので、そういった意味では、X-MEN本編の最新作である『X-MEN:デイズ・オブ・フューチャー・パスト』を見る上において、本作の鑑賞は必要不可欠と言えるでしょう。期待せずに見ればそれなりに楽しめる作品ではあるので、是非是非。

category: 映画関係

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tokeiusagi001.blog51.fc2.com/tb.php/308-b763474b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。