Admin New entry Up load All archives

濁流のような日々の中で

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

『X-MEN: フュ―チャー&パスト』レビュー 



1作目と2作目を手がけたブライアン・シンガー監督が再びメガホンを取っていると知った時から、前作(?)である『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』のような良作に仕上がっているのでは?といった感じで、過剰な期待を抱いていた訳なのですが・・・流石ブライアン・シンガー監督、見事にその期待に応えてくれました。過去と未来とが複雑に交差するという、一歩間違えればまとまりのない脚本になってしまうテーマに、過去作に出てきたキャストが勢揃いであるが故に難しいペース配分―見る前に不安だった部分はこの2点でしたが、『ユージュアル・サスペクツ』で、その卓越した構成力を世界に示したブライアン・シンガー監督が手がけている本作に対して、そのような不安を抱いていたというのは今にして思えばとんだ馬鹿げたことだったように思います。

本編中に存在するツッコミどころが前作と比べて少し多い点と、過去作との辻褄合わせが上手いこといっていない部分がそれなりにある点に関しては少々残念でしたが、それらの点以外は素晴らしいの一言に尽きます。登場するキャラクターの心情(信条)を丁寧に描いているだけでなく、ペース配分もしっかりとしている為に中弛みを感じることは一切ありません。一部の方からは『アクションシーンが少ない』ことを不満に思っている声も上がっているみたいですが、人物描写よりCG描写を優先させてしまったが為に、その行動原理に全く理解も共感もできなくなってしまったキャラクター達が、説得力が全く伴っていない重苦しい台詞を口にしているのを見ることより数百倍は良いと個人的には思っているので、この点については全く気になりませんでした。

マシュー・ヴォーン監督が手がけた『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』がシリーズの中でトップクラスの良作であったこともあってか、本作の中でその良作の"助け"を借りていると感じてしまう部分もそれなりにありました。しかしながら、本作の作品としての面白さは間違いなく本物です。原作を知らない管理人のような人間ですらここまで楽しめているのですから、恐らく原作を知っている方からすればかなり楽しめるのではないでしょうか?「莫大な金がかかっているCGでドンパチやることがだけがアメコミ映画の魅力じゃない!」と訴えてくるかの如き丁寧な人物描写と、しっかりとまとめ上げられたストーリーが素晴らしいの一言に尽きます。前作を超す出来である・・・とは言いませんが、前作と肩を並べる出来であるとは断言できる作品であるように感じました。早くも次回作(『X-MEN: Apocalypse』)の製作が決まったみたいですが、果たして本作とファースト・ジェネレーションに引けを取らない出来の作品になるのかどうか・・・次回作の監督が誰になるのかはまだ決まっていないようですが、誰が監督になるとしても、その仕事が大変なものになることは間違いありません。


総評:85点


X-MEN ブルーレイBOX(4枚組)『X-MEN:フューチャー&パスト』劇場公開記念(初回生産限定) [Blu-ray]X-MEN ブルーレイBOX(4枚組)『X-MEN:フューチャー&パスト』劇場公開記念(初回生産限定) [Blu-ray]
(2014/05/16)
ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー 他

商品詳細を見る


category: 映画関係

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tokeiusagi001.blog51.fc2.com/tb.php/329-75c0a79b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。