Admin New entry Up load All archives

濁流のような日々の中で

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

『Alien: Isolation』レビュー 

aiso_001.jpg

今回の記事は、PS4版『Alien: Isolation』のレビュー記事となります。

■ストーリー
宇宙貨物船ノストロモ号の失踪から15年、同船のクルーであった二等航海士エレン・リプリーの娘であるアマンダ・リプリーは、母が失踪した宙域で働きながら母の失踪に関する手がかりを追い求めていた。そんな中ある日、アマンダを訪れたウェイランド湯谷社の合成人間であるサミュエルから「失踪したノストロモ号のフライトレコーダーが回収され、今はセヴァストポリ宇宙港にある」と告げられる。そして、その回収チームに参加しないかと誘われたアマンダだったが『母のことを諦める』という覚悟と『母の身に何があったのかを知りたい』という切望の間で揺れ動いてしまい、返事に窮してしまう。結局、サミュエルの説得でチームに加わることとなったアマンダは、母が乗船していたノストロモ号と同じ中型クラスの宇宙船"Torrens"にチームと一緒に同乗し、セヴァストポリ宇宙港へと向かった。しかし、そこには思いがけないものが待ち受けていた・・・。


[スクリーンショット]
Alien_ Isolation™_20141007085535

Alien_ Isolation™_20141008100328

Alien_ Isolation™_20141007084730

Alien_ Isolation™_20141007085455

Alien_ Isolation™_20141007095721

Alien_ Isolation™_20141015144859

Alien_ Isolation™_20141007103220

Alien_ Isolation™_20141007090457

Alien_ Isolation™_20141007105521

Alien_ Isolation™_20141015143017

Alien_ Isolation™_20141015110118

Alien_ Isolation™_20141008111639


[動画]







■レビュー
◯良い点
・エイリアン1作目の世界観と雰囲気をほぼ完璧に再現している点
・歴代エイリアンゲーの中で最大の恐怖感と緊張感を体感できる
・映画の劇伴を効果的に使用している点
・現世代機対応で実現した綺麗なグラフィック
・エイリアン(ビッグチャップ)を"倒せない"ようにしている点

×悪い点
・ゲーム内容がやや単調
・死に覚えゲーと化してしまっている点
・死亡イベントシーンの種類が少ない
・カットシーンにおける異常なフレームレートの低下
・必要以上に長いストーリーモード
・頻発するアイテム浮遊バグ
・一部ステージの突出した難易度の高さ

△良いとも悪いとも言えない点
・可もなく不可もなくといった出来のストーリー


Alien_ Isolation™_20141007085924
本作の舞台となる宇宙港"Sevastopol"とノストロモ号と同じ中型クラスの宇宙船"Torrens"

Alien_ Isolation™_20141007181655
本作攻略の必需品であるモーショントラッカー。役立つ反面、その動作音が敵を誘き寄せることも。

Alien_ Isolation™_20141007175316
拾った素材を使ってメディキットやEMP地雷、ノイズメーカーなどのアイテムをクラフトできる。

Alien_ Isolation™_20141007090252
昔ながらの手動セーブポイント。オートセーブが滅多にされない為、こまめにセーブすることが求められる。

Alien_ Isolation™_20141007181845
ターミミナルにアクセスすることで、宇宙港で起こった"問題"の情報を収集することができる。

Alien_ Isolation™_20141007175800
扉のロックを解除するハッキングツール。ハッキング中に襲われないよう、使うタイミングを考えることが重要。

Alien_ Isolation™_20141008113753
姿を表したエイリアンことビッグチャップ。

Alien_ Isolation™_20141008100501
人間の頭蓋骨すらいとも容易く貫く"第二の顎"。

Alien_ Isolation™_20141008112035
鋭い尾で貫かれた主人公。

Alien_ Isolation™_20141009091001
ダクトの中には・・・

○明確なビジョンと原作に対するリスペクトを持って作られたファンゲーム
本作『Alien: Isolation』と同じくSEGAがパブリッシングしていた『Aliens: Colonial Marines』が余りにも酷い出来だったので、どこか身構えた状態でプレイを開始したのですが、開始15分でそうした警戒心は解きほぐされることとなりました。と言うのも、このゲームは原作の持つ"レトロフューチャーな雰囲気"を圧倒的なまでに再現していたからです。特徴的な形のエアロックや換気口のハッチ、ステーション内部の内壁や机の上にある小物といった、原作を見た人なら間違いなく気がつく部分の再現は勿論ですが、アイテムの入っている箱マップ中に全く目立たない形で置かれている小型の作業車(?)などといった、まず普通は『原作の再現である』と気がつくことがないであろうアセットさえもが、原作に極めて忠実に再現されているという半端ない拘りっぷりにただただ驚かされました。そんな拘りを持って作られた舞台"Sevastopol"は、エイリアンという作品が好きであれば文字通り『歩きまわっている』だけで、心の底から「このゲームを買ってよかった」と思わさせてくれます。DLCの方で再現されたノストロモ号に関しては、歩きまわっているだけで絶頂数時間は楽しめました。

原作の雰囲気の再現度(アートワーク面)に関しては、10点満点中10億点とエイリアンゲーの中で見ても珠玉の出来栄えであると断言できるのですが、一方でゲームシステムに関しては、そうした美術面での素晴らしさに釣り合うシステムを構築することは成功していないなと感じてしまいました。この手のビッグタイトルにしては珍しく『Outlast』のような、所謂インディー系のホラーゲームにおいてよく見受けられる隠れんぼスタイル(プレイヤーができるのは隠れることだけで敵を倒すことができない)を採用しています。その為、最初の内は、神出鬼没のビッグチャップをノストロモ号のクルー達がかつてそうしたように、捕食者に追い詰められていく獲物の如く警戒しながら『遭遇=即死』という事実に戦々恐々としつつ、一歩一歩慎重に歩を進めていくという、本作の開発を担当したCreative Assemblyが意図したであろうゲームプレイを否が応でもすることとなります。

とは言え、それは決して問題ではなく、恐らく本作を購入したプレイヤーの9割が望んでいるゲームプレイである為、むしろ需要と供給を見事に一致させていると言っていいでしょう。問題なのは、前述したような緊張感と恐怖感がゲーム中盤辺りまでしか維持されない為、作り手が意図しプレイヤーが求めたゲームプレイが中盤以降は中々出来なくなってしまうことです。ホラーゲームにとって最も重要なのは"生かさず殺さず"なゲームバランスだと個人的には考えている(プレイヤーを生かし過ぎても殺し過ぎても、プレイヤーの中で自キャラの死に対する恐怖感と緊張感を薄れさせてしまう為)のですが、本作の場合はプレイヤーを余りにも殺し過ぎています。
チュートリアルらしいチュートリアルも無く、いきなりエイリアン(ビッグチャップ)と遭遇する上にこのエイリアンのAIが中々良く出来ているので、必然的に死にまくることになるのですが・・・何度も何度も死んでいる内に死に対する緊張感が薄れきってしまうので、最終的にはエイリアンやその他の敵に対する恐怖感も余り感じなくなってしまいます。死亡シーンの数が全部合わせても10種類より少ないことや、比較的セーブポイントが多く設けられていることも相まって、本作の中で『死ぬ』ということがクリアするのに必要なある種の作業と化してしまっていることは、本作をホラーゲーとしてプレイする場合には大きな問題点になると言えるでしょう。


<<総括>>
本作の評価は、プレイヤーが本作をどのようなゲームと捉えてプレイするかによって大きく変わってきます。本作を【映画『エイリアン』1作目の雰囲気を徹底的に再現した、比較的完成度の高いエイリアンゲー】と捉えてプレイする分にはかなり・・・と言うか、今まで出たどのエイリアンゲーよりも楽しめると思います。ただ、本作を【『Dead Space』や『Outlast』といった作品で体験したような緊張感・恐怖感を体験させてくれるゲーム】と捉えてプレイすると、大きく肩透かしを食らうこと必至です。ホラーゲーとして楽しめる部分もあるにはあるのですが、『エイリアン1作目の作中世界を歩くことができる』ことに魅力を感じることができなければ、中盤辺りで飽きが来てしまう可能性が非常に高いです。良くも悪くもファンゲーとしての側面が強いゲームに仕上がっているので、そういった意味では少々人を選ぶゲームと言えるかもしれません。ただ、エイリアン好きの管理人にとって本作は、長年待ち望んでいた垂涎ものの1作だったので、以下の点数を付けさせて頂きます。


総評:85点


Alien: Isolation(輸入版:北米)Alien: Isolation(輸入版:北米)
(2014/10/07)
PlayStation 4

商品詳細を見る

category: レビュー

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tokeiusagi001.blog51.fc2.com/tb.php/357-fc37ad7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。