Admin New entry Up load All archives

濁流のような日々の中で

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

『シン・ゴジラ』を14回観賞したバカによるシン・ゴジラ感想(長駄文&ネタバレなし) 

shin_godzilla.jpg

文字通り大ヒット中の『シン・ゴジラ』ですが、本日の観賞で合計観賞回数14回を突破しました。


P_20160815_225104.jpg
現在残っている半券12枚

P_20160805_144904.jpg
14枚の内2枚は、リピーターキャンペーンの抽選応募の為に消費


○公開されるまでのあれこれ
3年前に公開された『パシフィック・リム』に、2年前に公開された『GODZILLA(ゴジラ2014)』の2作品は、国産のゴジラ映画はおろか、怪獣映画自体そのもの全く作られなくなってしまった為に、そこら辺の雑草を引き抜いてそのまま食ってしまうぐらいの勢いで飢えていた、自分のようなタイプの怪獣映画好きを十分過ぎるほどに満足させてくれた作品でしたが、その一方で「もう日本の怪獣映画では、到底太刀打ちできない」と痛感させられ、悲しくなってしまった作品でもありました。

ゴジラに関して言えば昭和もVSシリーズもミレニアムシリーズも、みんな違ってみんな良くてみんな好きです。嫌いなゴジラ作品はありません。しかしながら、自分の中で初代ゴジラ以降の「面白い」「面白くない」という評価は、いつの間にか他の邦画作品・洋画作品と比較しての評価では無くなってしまっていたんですよね。少なくとも自分は【他のゴジラ映画と比べてみてどうか、他の怪獣映画と比べてどうか】といった形で、FWまでのゴジラ映画を観て、自分の中で評価付けしていました。「怪獣映画は怪獣映画というジャンルの中だけで比較するべきだ」という意見もあるかもしれませんが、初代ゴジラが怪獣映画というジャンル内だけでなく、邦画・洋画問わず映画全体の中でも傑作と評価できるレベルの作品であった以上、理想的な怪獣映画はそういう評価基準で観ても「面白い」と感じられる作品だと思うんですよね。

今まで「平成ガメラ3部作以降で、パシリムやギャレス・エドワーズ版ゴジラに勝る部分が一つでもあるような怪獣映画が出たか?」と聞かれると、管理人は「無いけど何か文句あるのかこのタコ!」と泣きながら半ギレで答えざるを得ませんでした。ミレニアムシリーズを劇場で観ていたのは小学生の頃でしたが、今思えば子供ながらに『子供向け・マニア向け』で作られていることを感じていたのかもしれません。背鰭が尖ったビジュアルのゴジラを格好良く思ったり、ゴジラを超兵器で消滅させようとする壮大な計画にワクワクしたり、凶悪な白目ゴジラの大暴走っぷりに興奮させられたり、機龍の格好良さに魅させられたり、ノリと勢いとパスタの国からやってきたかのようなテンションの高い怪獣大乱闘にほっこりさせられたりしました。しかしながら、初代ゴジラを観た時に感じた「面白さ」と同格の「面白さ」を感じさせてくれたゴジラ映画は、ミレニアムシリーズ以外も含めてただの1作もありませんでした。そんな中で、純粋なエンタメ作品としてクオリティが高く、他ジャンルの映画と比較しても初代ゴジラ程とまではいきませんが「かなり面白い」と感じられる先述の2作品が登場したものですから、もうこれはいよいよ国産特撮映画も終わりだろうな・・・とすっかり思ってしまっていました。

ですので、2年前のギャレス・エドワーズ版ゴジラが世界的ヒットを記録した際に『東宝が新たなゴジラ映画を製作する』というニュースが出てきても、ハリウッド版のヒットにみっともなく便乗しているようにしか思えませんでした。しかし、そうは言ってもやはり気になってしまうのが怪獣好きの性というもの。そのニュースが発表されて以降、定期的に続報のチェックをするようにしていました。それからしばらくして、庵野秀明氏と樋口真嗣氏が新作ゴジラでタッグを組むという(個人的に)衝撃のニュースが出てきて「これは・・・これはもしかしてもしかしてじゃないか!!?」と、かなりテンションが上がったことをハッキリと覚えています。現代の日本特撮映画界のトップクリエイターであるこの2人が手がけるなんて話を聞いたら、そりゃあ当然テンション上がりますよ。しかしながら一方で不安もありました。樋口監督は平成ガメラ三部作で見事な成果を残されているように、特撮監督としては素晴らしい方だと思っています。ただ、特撮部分以外も含めて監督を努められた過去作では、特撮シーン以外は正直心に残る作品がありませんでした。庵野監督に対してはエヴァQでの一件があったので、ちょっとした不信感のようなものすら感じていました。初めて公開された特報映像で、逃げ惑う民間人が『クローバー・フィールド』のような映像で撮られていたこともまた、一層の不安を感じさせました。

それから暫くしてゴジラのビジュアルが公開。何を考えているのか分からない不気味な目に、歪な生え方をした牙・・・明らかに初代ゴジラを意識しているそのビジュアルを初めて見た時、不安7割・期待3割だったのが期待7割・不安3割に一転しました。そして、ゴジラが写る予告映像が公開され「他人の評価がどうであれ、個人的に観たかったタイプのゴジラ映画が観れるかもしれない」と思うようになりました。しかしながら、この時点ではまだ「銀幕に国産のゴジラがカムバックできたことだけで満足するべきなのだから、それ以上のことは求めずにいこう」とハードルを意識して低めに設定していました。そしていよいよやってきた公開日、12年ぶりに帰ってきたゴジラを歓迎するべく、エキスポシティのIMAXで初日・初回を観賞してきました。

そして、全てが吹っ飛びました。




○『シン・ゴジラ』レビュー(ネタバレなし)
8400

圧倒されました。ただただ、圧倒されました。

本作『シン・ゴジラ』は、初代ゴジラと同格の傑作映画であると断言します。これは、国産怪獣映画というジャンルの中での比較だけで結論付けた評価では断じてありません。ここ数年の間に公開された邦画・洋画と比較した上での評価です。徹底したリアリズム的展開に則ってストーリーが進行していくのが、とにかく最高すぎました。平成ガメラシリーズを初めて観た時からずっと思い続けてきた「1作でいいから、平成ガメラシリーズ並にリアリティを重視したゴジラ映画を撮って欲しい」という願望が、遂に実現したのですからテンションも上がります。リアリティ重視の結果として、行政執行者の方々(政治家・官僚)が会議をする場面はかなり多くなっており、その為か本作に対する否定的な意見として度々【会議室でのやり取りが多くて退屈】という意見を目にします。確かに会議室でのやり取りは、他の作品と比べると相当な時間を割いて描かれてはいるのですが『劇場版 機動警察パトレイバー1・2』が大好きな管理人にとっては「いいぞ、もっとやってくれ!」と感じられ、マイナス要素どころか本作における"最高なポイント"の1つにカウントされる要素だったので、正直全く苦には感じられませんでした。物凄いカット割りでテンポ良く会話がガンガン進んでいく上に、会議シーンにおける台詞も『必要最低限に絞りました』感が出ていたことと、会議の場でのやり取りで少なからずユーモアも含まれていたことも、そう感じるに至った理由かもしれません。「尻尾・・・?」「ええ、尻尾ですね」とか「それ、どこの役所に言ったんですか?」とか「え、動くの?」「そりゃ生き物だからな」といった、作り手が意図的にユーモアを含ませているやり取りの数々には、14回観賞して毎回クスリと笑わさせられてしまいました。

主役とも言える本作のゴジラについては・・・何を言ってもネタバレになりそうなので余り語ることができません。最初の登場シーンから度肝を抜かれること確実とは言っておきます。それ以外の所で言うと、今回のゴジラはとあるシーンで『初代ゴジラを上回る絶望感』を提供してくれます。初代ゴジラのとあるシーンで「ちくしょう、ちくしょう」と、とある登場人物が言うシーンがあるのですが、シン・ゴジラでは、その登場人物と同じことを私達"観客"が思わず言いたくなるシーンが出てきます。よもや2016年になって、1954年に公開された映画の登場人物が抱いていたであろう感情に、限りなく近い感情を抱くことになるとは夢にも思いませんでした・・・凄いことですよこれは。初代ゴジラが傑作であるのは間違いないのですが、観る度に思っていたことが1つあったんですね。それは『この時代の日本の"空気感"を知っている人でないと、本作を100%堪能することができない』ということです。戦後生まれー特に管理人のような所謂ゆとり世代の人間にとって、50年代の日本は最早別の国のようにすら感じられてしまって、自然と腑に落ちなかったりするシーンがちょくちょく出てきてしまうんですよね。初代ゴジラの作中で「また疎開ですか」と登場人物が言うシーンが出てくるのですが、これは特にそうだと思います。「"また"・・・?あ、そうか。戦後間もない時代だから、戦時中の疎開のことが『歴史の1ページ』としてではなく『実際に経験した記憶』として残ってるんだな」といった形で、考えを巡らせて初めてそこで腑に落ちる訳です。当時の人にとっては、このシーンが自然と腑に落ちていたであろうことを考えると、その作品が作られた"時代の空気"を知っているかいないかで、作品に対する見方も少なからず変わってくると個人的には思います。作られた時代の空気を色濃く反映するゴジラ映画ではなおさらですね。2016年現在の日本の空気を色濃く反映した本作が、第1作目の登場人物が抱いていたであろう感情に近い感情を"現在の日本"に生きている観客に抱かせるというのは、控え目に言っても『物凄いこと』だと思います。

時代性や空気感を反映させる側面が強いのはゴジラ映画の常だと思っていますが、そんなゴジラ映画の中でも本作はかなりそうした側面が強く出ている為か「これは自衛隊礼賛映画だ」「現政権を擁護する映画だ」といった意見を何回か目にしているような気がします。しかしながら、本作に関しては『作り手の政治思想』は全くと言っていい程、作品には反映されていないと断言できます。本作は政治思想という点で言えば"右"の色にも"左"の色にも染まって無い"無地"の作品ですね。色々な意見があることは重々承知していますが、本作に対して「作り手の政治思想(右か左かは関係なく)を感じた」といった類の感想があれば、それは感想ではなく『その感想を述べた人の政治思想を【『シン・ゴジラ』の感想】という形を借りて表明しているだけ』と見なしてもらって問題ありません。むしろ、見なしてもらわないと変なバイアスをかけて本作を観ることになってしまう為、積極的に見なして頂いた方が良いかと思われます。(未見の方は特に)

感想という点で言うと「これはゴジラ映画では無い」といった感想や「これはゴジラでなくてエヴァだ」といった感想を少なからず目にします。前者の感想については、正直「そう感じる人がいても仕方が無いのかな」と思ってしまいました。昭和・VSシリーズ・ミレニアムシリーズという、比較的似通った作り(本作と比較すると)であるシリーズ間ですら、ファンの間で対立が生ることが少なからずあることを鑑みると、致し方ないことでしょう。ただ、後者の感想に対しては「作品に作家性が出るのは当たり前の話なのでは・・・?」と疑問を持たざるを得ませんでした。むしろ「何故そこでエヴァが出てくるのか」といった感じですね。どの作品のどの部分とは言いませんが、エヴァ以前の庵野監督作品の方が、本作との共通点は遥かに多いと思います。巨災対の会議シーンで、エヴァのあの曲を流してしまったことが原因であるような気がしなくもないですが・・・。


<総括>
長い駄文で色々なことを語ってきましたが、本作は"間違いなく劇場で観るべき映画"です。2016年の日本の空気を自然に感じている(感じることができる)『今(2016年)の日本人』だからこそ、最大限に楽しむことができるという贅沢な作りをしている作品です。年数が経過してつまらなくなるような作品では断じてありませんが、作中の空気感と現実の空気感が限りなく近い"イマ"だからこそ、感じ入れる部分がある作品であることも事実です。銀幕に国産のゴジラ映画が戻ってきたということ自体が奇跡なのに、その戻ってきたゴジラ映画が『初代に匹敵するどころか、初代より秀でている部分もある』という更なる奇跡が重なった、まさに福音のような作品なのです!これを観てどう思うかは貴方次第。ですので、この記事の感想も含めて周りの感想は全て無視して、是非劇場で観賞してみて下さい。その価値がある作品であると断言致します。


総評:100点

category: 映画関係

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tokeiusagi001.blog51.fc2.com/tb.php/380-5234ab6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。