Admin New entry Up load All archives

濁流のような日々の中で

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

『ディアトロフ・インシデント』&『クロニクル』視聴 





前々から気になっていたPOV形式の作品である『ディアトロフ・インシデント』と『クロニクル』をようやく見ることができました。同じPOV形式の作品ではありますが【世間的な評判が最悪に近い作品】【そこそこ評判の良い作品】という形でハッキリと明暗が分かれているという点では、かなり違いがある作品同士の組み合わせと言えるかもしれません。それで両作の感想なのですが、意外にも両作共にそれなりに面白いと感じました。

Yahoo映画のユーザーレビュー驚異の2.5点以下(5点満点中)をマークしていたディアトロフ・インシデントに関しては、矛盾点(足跡の存在等)や回収されていない伏線(気象箱の中にあった"モノ"は誰が何の為に置いたのか?等)があったことは少々気になったものの、終盤からラストにかけての怒涛の展開・・・もとい超展開が、何故か自分の中で物凄くツボってしまったので、結果として"そこそこ見れる作品"という評価に落ち着きました。ただ、恐ろしく人を選ぶ映画であることは間違いないので、陰謀論好きな人(【エリア51】や【フィラデルフィア・エクスペリメント】というワードを聞いてワクワクする人)やB級映画のパッケージを見てワクワクする人、B級映画大好きな人以外は極力見るのを避けた方が良いかもしれません。間違っても『ダイ・ハード2』や『クリフハンガー』を手がけたあのレニー・ハーリン監督の最新作だから、という理由で見てみようとは思わないように!その理由で見たら十中八九後悔することになる、とだけは言っておきます。本作はただのB級映画ですからね・・・。

一方クロニクルに関しては、物語の最初から最後まで予告編を見て誰もが予想できる展開そのまんまの展開で話が進むので、意表を突くような展開であるとか、ディアトロフ・インシデントのような奇をてらった展開は一切含まれていなかったのですが、人物描写に人間関係といった人間ドラマ部分が非常に丁寧に描かれていたので、他のPOV形式の映画とは比べ物にならないぐらい感情移入した状態のまま、最後まで見ることができました。
その家庭環境故に屈折した性格になってしまったティーンエイジャーの少年が、偶然得てしまった身に余る力に振り回されていく様を、生々しさを感じてしまう程にリアルかつ痛々しく描くことに成功している、ということもそうなのですが、POVという手法を映像面だけでなくストーリー面においても効果的に活用できている点が素晴らしいなと個人的に思いましたね。他のPOV形式の作品だと余りそういったストーリー上の意味付けはなされていないのですが、本作においては主人公がカメラを回すこと自体にちゃんとした意味付けがなされています。
単に流行に乗っただけの"粗造POV作品"とは異なり、本作がPOV形式を採用しているのにはちゃんとした理由があるということですね。万人受けはしないでしょうが、かなり完成度が高い作品なのでオススメしておきます。

category: 映画関係

CM: 0 TB: 0   

『ウルヴァリン:SAMURAI』鑑賞 


新幹線の上でミュータント(SAMURAI)と戦うYAKUZAの勇姿を刮目せよ!!!

パシリムの【萌&健太ビデオ】程の笑撃は無かったにしても、全編通して"妙な日本感"がウルヴァリンの筋肉並みに大炸裂(?)していたので、中々に笑えました。敵にも味方にもミュータントが殆ど登場せず、その代わりにコッテコテのステレオタイプなヤクザと忍者が大勢登場していた為に、途中何度もキル・ビルを見ているような錯覚に襲われましたが、如何せんスピンオフ作品のスピンオフ作品みたいな立ち位置の作品ですので、まあこんなものかなーと勝手に納得して、ボーッと見ていたら気がついたら終劇していたという・・・まあ、1本のお気楽アクション映画として評価すれば、『そこそこ見れる』ラインには達している作品であると個人的には思いました。

先述した通り、本作の立ち位置はあくまでスピンオフ作品ではあるのですが、ウルヴァリンが『X-MEN:ファイナルディシジョン』の劇中においてとある選択を行った結果、背負うこととなった自身のトラウマを克服していくという、極めて本編寄りのストーリーが展開されている作品でもあるので、そういった意味では、X-MEN本編の最新作である『X-MEN:デイズ・オブ・フューチャー・パスト』を見る上において、本作の鑑賞は必要不可欠と言えるでしょう。期待せずに見ればそれなりに楽しめる作品ではあるので、是非是非。

category: 映画関係

CM: 0 TB: 0   

『パシフィック・リム』BD到着! 

IMAG0162.png
デデデーデデデー♪(メインテーマ)

10,000セット限定のイェーガー・プレミアムBOXとAmazon限定品のスチールブック仕様版が漸く我が家に到着しました!本当は通常版も購入するつもりだったのですが、他に色々と出費が重なったので12月中の購入は敢え無く断念。パケ絵が結構気に入っているので近い内に購入したいとは思ってはいるものの、後々発売される18インチ・ナイフヘッドのことを考えると「少しでも節約しておいた方がいいか・・・」という気になってしまうので、今一つ決断しかねていたりします。サントラの日本盤を購入した(ジャケ絵がBD/DVD通常版のパケ絵と同じ)ので、それで満足しておくべきなのかもしれませんが・・・うむむ、悩ましい所ですね。まあそのことはさておくとして、取り敢えず今は"自宅シャッタードーム"でもドリフト出来るようになったという幸せを噛みしめたい・・・!テンションが上がりすぎてLet's go fishingな気分ですよ!明日ドリフトして、大晦日と年越しもドリフトする・・・最高じゃないか(恍惚)

category: 映画関係

CM: 0 TB: 0   

新ハリウッド版『ゴジラ』、日本公式サイトオープン! 

WS014811.png
"世界が終わる、ゴジラが目覚める。"

http://www.godzilla-movie.jp/

予告編解禁に合わせて、本作の日本公式サイトもオープンしました。現在の時点では、公開されているコンテンツは予告編と特報の2つだけですが、どちらも海外で公開されているものと微妙に収録されているシーンが異なっているので、一度視聴されておくことをオススメします。また、日本における本作のキャッチコピーは"世界が終わる、ゴジラが目覚める。"に決まったようです。

category: 映画関係

CM: 0 TB: 0   

新ハリウッド版『ゴジラ』、トレーラー正式公開!!! 


予告の時点で緊迫感と臨場感が半端ではありません!

日本での公開は海外から2ヶ月遅れた2014年7月25日になるとのこと。

category: 映画関係

CM: 2 TB: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。